日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 冬の肩凝り完全撃退!  > 「筋膜マッサージ」でやっかいな“現代型肩こり”解消  > 2ページ
印刷

冬の肩凝り完全撃退!

「筋膜マッサージ」でやっかいな“現代型肩こり”解消

しつこい肩こりは、つかんで回して「はがす」が正解!

 二村高史=フリーライター

凝りの元凶は筋肉の動きを鈍らせる「筋膜」との癒着

 こうした現代型肩こりを解消するためのキーワードが、「筋膜」にあると磯﨑さんは言う。

 筋膜とは、筋肉を覆っている薄い膜のこと。凝りやすい首や肩の部分には、大小様々な筋肉が重なりあっていて、その一つ一つが筋膜で覆われ、何層にもなっている(右下図参照)。スライスした生ハムと生ハムの間に薄いビニールを挟んで何層にも重ねた「ミルフィーユ」のような状態をイメージするといいだろう。生ハムが筋肉で、ビニールが筋膜にあたる。

筋肉と筋膜は何層にも重なっているが、互いに癒着した状態になると凝りが起こる。この状態のままマッサージを施しても、凝りを取る効果が上げられない(上図)。皮膚から凝った部分やその周りを指先で押してマッサージを施す。すると、押さえたところが支点となって癒着がとれはじめ、筋肉と筋膜が個別に動かせるようになる(下図)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「正常な体であれば、筋肉と筋膜は互いにスライドして自由に動くことができる。ところが、同じ姿勢や細かい作業を長時間続けたり、繰り返したりすることで、筋膜が筋肉に癒着してしまうのです。さらに筋膜同士で癒着していることもある。すると、筋肉がうまく動かせなくなってくる。こうして周囲にある血管の弾力性が落ち(動きが鈍り)、血流が滞ると、そこに発痛物質を含む老廃物が蓄積していく。これが筋肉の深部に起こることで、凝りをどんどんしつこくする悪循環を生むのです」(磯﨑さん)

 このように、我々が抱えている現代型肩こりは、今のライフスタイルからも分かるように、とても避けられそうにない厄介な不調にもなっているのだ。

 そこで、筋膜と筋肉の癒着を効果的に取り除き、深層の凝りを取る磯﨑さん独自のメソッド「筋膜マッサージ」を紹介しよう。まずは、体の背部をほぐす3つのメソッドから。いずれも凝った部分とその周囲を指で押さえたまま、腕を大きく回すのがポイント。指で押さえたところが支点となり、腕の動きによって癒着した筋膜が筋肉から剥がれていく仕組みだ。オフィスで仕事をしている間でも、わずか1分あればできる簡単なものもある。「指で支点を作って筋肉を動かすだけで、癒着した筋肉と筋膜が簡単に剥がれることがわかっています。痛気持ちいいぐらいの強さを感じる程度で繰り返してください」(磯﨑さん)。

基本のマッサージで深部の凝りにアプローチ

1.肩甲骨押さえ回しマッサージ

指先で押さえるココ!
肩甲骨の内側を中心に、凝ったところの周辺を指先で抑える。肩のラインに沿ってマッサージの範囲を広げてもいい。
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、基本のマッサージ。凝っている部分をギュッと指先で強く押しながら、腕を回す。やや痛いと感じるくらいに強く押さえるのがコツ。

 「肩の凝りを腕だけ回して解消する人は多いですが、それでは癒着した筋膜と筋肉が固まったまま動くだけ。そこで、凝った部分とその周辺を含めたエリアを指先で押さえ、腕を大きく回すのがポイント」(磯﨑さん)。癒着した部分が少しずつはがれてくると、腕も大きく回るようになり、肩の周りがポカポカしながら凝りが解消していくのがわかるはず。

写真左から、肩甲骨の内側に沿って、凝っている所を、人差し指から小指までの4本で強く押さえる。指先でひっかけるようにしっかりと凝ったところをつかむ。次に、つかんだまま、腕を後ろから前に向けて回す。このとき、ひじを曲げて大きく円を描くようにして、「後ろ回し」「前回し」の順に各10回ずつ。指の位置を少しずつに上や下にずらしながら、腕回しを繰り返すとさらに効果がアップする。
[画像のクリックで拡大表示]

 凝りがひどいと、最初のうちは腕がスムーズに回せないかもしれない。そのときは、腕を前後に振ることからはじめるといい。徐々に動きがスムーズになっていくはずだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.