日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > カラダにいい!がカラダを壊す  > 劇的な即効性をうたう健康食事法は絶対「体に悪い」  > 2ページ目
印刷

カラダにいい!がカラダを壊す

劇的な即効性をうたう健康食事法は絶対「体に悪い」

第4回 コロコロ変わる「カラダにいい食事」とどう付き合うか

 亀田圭一=コンディショニングトレーナー、BODY TIPS代表

効果を感じないのに続けるのは時間の無駄

 では、自分が選んだ栄養学に対して、それが効果があるのかないのか、何を基準に判断したらよいのでしょうか?

 その答えはシンプルです。自分に何らかの変化や効果を感じられるかどうかです。これは、栄養に限らず、運動や施術でも同様です。効果を感じなければ続けている意味がありません。

 ところが、実際には「先生に言われたからこのトレーニングを続けている」「情報誌やネットに書いてあったからやっている」という人がいかに多いことか。効果を感じないのに続けているのは、時間のムダ以外の何者でもありません。

 たとえば、厚生労働省が定めた目安に、どの栄養素を1日に何グラムとるべきという基準が示されていますが、ではそれをとったことでカラダにいいと実感している人が、どれだけいるのでしょうか。

 栄養学的に一日の摂取カロリーの目安などが提示され、糖質・脂質・タンパク質の量がこのくらいと細かに示されます。もっと専門的に言えば、ビタミン・ミネラルなど素人にはとても覚え切れない、栄養素の摂取量の上限値まで示されてしまうこともあります。果たして動物は、そんな事細かな数値を知って自らを管理しなければならない不自由な生き物なのでしょうか?

2週間で10kg痩せたら体に悪いに決まってる

 効果があるかどうかは大切なことです。ただし、効果がすぐに目に見えればいいとは限りません。ダイエット目的の極端な食事法は例外です。極端な食事がカラダによくないことは、少し考えればわかるはずなのですが、とくに女性がダイエットをしようとすると、その基本が忘れられがちです。

 ダイエットなどがカラダづくりの目的になってくると、またややこしいことになってきます。夜の10時から深夜2時の間に食べると太る、ごはん、麺類などの糖質は徹底的に排除すべきなど、世の中にはたくさんの情報が溢れています。

「私たち日本人は、劇的に効果があって、即効性のあるものを求める傾向があるようです。しかし、たとえ運動と食事を組み合わせたとしても、2週間で10キロもやせたとしたら、それは間違いなくカラダに悪いことだと考えるべきなのです」(亀田)

 いつの世もダイエットの主役は女性なのですが、彼女たちの中にはメチャクチャなことを平気で繰り返している人が後を絶ちません。その結果、痩せないどころではなく、体調不良に陥っている人がかなり多くなっています。当の本人たちはその原因がメチャクチャなダイエットにあるということに気がついていないから困ってしまいます。食べるために生きる動物である人間は、食べないという選択肢は死を意味するということを今一度考える必要があります。

 私たち日本人は、劇的に効果があって、即効性のあるものを求める傾向があるようです。「2週間でやせる」といったキャッチフレーズにも弱いのです。しかし、たとえ運動と食事を組み合わせたとしても、2週間で10キロもやせたとしたら、それは間違いなくカラダに悪いことだと考えるべきなのです。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.