日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > カラダにいい!がカラダを壊す  > 劇的な即効性をうたう健康食事法は絶対「体に悪い」
印刷

カラダにいい!がカラダを壊す

劇的な即効性をうたう健康食事法は絶対「体に悪い」

第4回 コロコロ変わる「カラダにいい食事」とどう付き合うか

 亀田圭一=コンディショニングトレーナー、BODY TIPS代表

次から次へと出てくる栄養学

 「カラダづくりは栄養が6割、運動が4割」

 これは、私がトレーナーとして、アスリートを相手に仕事をしていた時代から、一般の方々のカラダづくりに携わる現在まで、変わらずに言い続けてきたことです。

 カラダは日々食べたものを材料としてできています。また、何を食べるかは、人間の生命活動を左右するホルモンの分泌にも大きく関係しているとされています。そう考えると、6割どころではないかもしれません。それほど、日々の食事が重要であることは、私のこれまでの経験からも実感していることです。

「食事がカラダづくりに大きく関係していることは、どなたも感じていることでしょう。食べ過ぎないで適度な量を心掛けること、何かに偏ることなくバランスよく食べること、不規則な時間の食事を控えること、それだけでカラダは整います」(亀田)。(©George Tsartsianidis -123rf)

 ところが、どのような食事がいいのかを示すはずの栄養学は、よくいえば日進月歩、悪くいえば、これほどコロコロ変わるものはありません。

 書店に平積みになっている健康本は、気を引くタイトルで読者を誘惑します。ネットを覗いて調べ物をすれば、興味をそそる話題が山のように並び、読み漁るうちに自分の行動に統一性がなくなってくるという人もたくさんいるのではないでしょうか? あるいは、何かひとつの情報がインプットされると、誰かが洗脳した訳でもないのにその呪縛から逃れられなくなってしまいます。

 「〇〇を食べてはいけない!」

 「◇◇を食べると病気になる!」

 そんなネガティブな訴求の仕方は人の目を引くのか、この手のものが増えているようにも思います。

 食事がカラダづくりに大きく関係していることは、どなたも感じていることでしょうから、いきおいこうした情報には敏感になりやすくなります。

 世の中にあふれる栄養学や食事法に対して、自分で判断して、自分に合うものを合う形で取り入れるならばいいのですが、なかなかそうはいきません。「○○をまったく食べてはいけない」「△△を食べていれば大丈夫」といった極端な食事法は、これまでにない目新しいものだと映るためか、残念ながらこうした情報に踊らされがちな人が少なくありません。

 ところが、そうした極端な食事法は、2年、3年もすればほとんどが忘れられてしまいます。今流行っているものも、5年もすれば「あのブームはいったいなんだったのか」と思うようになることでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.