日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > カラダにいい!がカラダを壊す  > 「これ、健康に悪い…」その反省が病気を招く?  > 3ページ目
印刷

カラダにいい!がカラダを壊す

「これ、健康に悪い…」その反省が病気を招く?

第3回 疲労と疲労感は別物。疲労感の軽減を考えよう

 亀田圭一=コンディショニングトレーナー、BODY TIPS代表

「病は気から」という本当の意味

 ところで、私は、ヨーロッパで盛んな自然医学という考え方を学びました。ヨーロッパの多くの国では、具合が悪くて医師に診てもらうと、まずそれは伝統的な療法で治せるものなのか、それとも現代医学の薬や外科的な治療が必要なのかが判断されます。そして、7割ほどの患者さんは、自然療法科で治療を受けます。薬を必要以上に使うことなく、人間がもともと持ち合わせている自然治癒力を最大限に活用する発想です。

 この自然医学によれば、病気のほとんどはその人の「ものの考え方」に由来しているされています。確かに、私のところにいらっしゃる患者さんを見ていると、それは納得できます。

 「こういう生活ばかりしていて、ガンになったらどうしよう」「こんなものばかり食べていて糖尿病になったらどうしよう」という考え方をしている方が、実際に病気になっていることが多いのです。いわば、自分で病気を呼び込んでいるのです。

 まさに昔からいわれている「病は気から」ではありませんか。

 まだ医学的なエビデンスはありませんが、こうしたものの考え方はホルモンの分泌に深くかかわっていると考えられます。ここでは詳しい説明は省きますが、精神的なストレスが多くかかる現代社会では、快をもらたすドーパミンや興奮したときに分泌されるアドレナリンが、平穏をもたらすセロトニンにくらべてどうしても過剰気味です。

 もちろん、現代社会で生き抜くにはドーパミンやアドレナリンが必要なのですが、多すぎてバランスを崩してしまっては、さまざまな不調や病気を招く原因となってしまいます。

 前回(参照記事:『筋肉を鍛えても「凝り」や「痛み」はなくならない』)は、カラダにとって筋肉のバランスが大切だと述べましたが、心もまたバランスが大切なのです。心のバランスを保つことができれば、ホルモンのバランスを維持できて、人間にとって大切な「欲」を失わずにいられるのだと思います。

心のバランスをセルフチェックする

 では、心のバランスがとれているかいないかは、どこでチェックできるのでしょうか。

 一番わかりやすいのは、「~をやらなければならない」と思った時点でバランスが崩れているということです。やりたくないこと、気が進まないことをやらなければならないと考えただけで、かなりの精神的なストレスがかかっており、心のバランスは崩れかけています。

 もう一つ、それに関連するのですが、「やりたくないことを断る理由を考えている」ときも、かなりのストレスがかかります。「上司に休日のゴルフを誘われたのだけれども、どうやって断ろうか」と考えているときなどはその典型です。

 そこから脱却する方法は簡単です。やりたくないことはやらなければいいのです。もちろん、あなたがやらないことで、誰かがひどく迷惑を被るならば話は別です。でも、はたから見ていると、往々にして「それで誰が困るの?」という程度のことで悩んでいる人があまりにも多いのです。

 すると、「そうはいったって、世の中は自分の思うようにはいかないんだよ」と反論する方もいるでしょう。そんな人に対しては、こうアドバイスしたいと思います。

 「うまくいくことしか考えない。何を選択しても最後はうまくいく」と考えるようにするのです。私自身、この思考に変えたときから、何もかもがうまくいくようになりました。好きなことだけをやるようにしたら、いいことしか起こらなくなったのです。

 別に、今すぐ会社を辞めろ、組織から抜けろなどといっているのではありません。会社のなかでも、自分のやりたいことだけをやることは可能です。どうしてもそれが認められないのならば、それはそのときに身の振り方を考えればいいでしょう。

 いずれにてしも、心のバランスをとる大切なマネジメントの方法は、「好きなことだけやって生きればいい! 」。これにつきると思います。

『カラダにいい!がカラダを壊す』
(日本経済新聞出版社・日経プレミアシリーズ)好評販売中

 毎日のように登場しては、消え去って去っていく「体にいい」とされる情報。なかには一大ブームを巻き起こす“偏った健康法”も少なくありません。果たして、いま大ブームのランニングは、体にとって本当にいいことなのか? 筋肉を鍛える目的、食事をコントロールして体調や体重を管理しようとする理由は…。「カラダいいらしい」と誤解しながら、体を壊してしまう危ない人たちに向けて、気鋭のコンディショニングトレーナーが、数々の気づきを提唱します。

>> 詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

亀田圭一さん
コンディショニングトレーナー、BODY TIPS代表
亀田圭一さん 青山学院大学卒。 航空会社勤務などを経て、一転トレーナーを目指し鍼灸師免許を取得。鍼灸学校に学びつつ、母校の青山学院大学トレーニングセンターにてトレーナー研修を積み重ね、プロのトレーナーとして活動する。2010年7月、東京都渋谷区にBODY TIPSを設立。NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)、はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師、さとう式リンパケア・インストラクターほか、コンディショニングに関する国家資格、認定資格を多数保有。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.