日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > カラダにいい!がカラダを壊す  > 「これ、健康に悪い…」その反省が病気を招く?  > 2ページ目
印刷

カラダにいい!がカラダを壊す

「これ、健康に悪い…」その反省が病気を招く?

第3回 疲労と疲労感は別物。疲労感の軽減を考えよう

 亀田圭一=コンディショニングトレーナー、BODY TIPS代表

「疲れやすい」は、必ずしも老化ではない

 疲労と疲労感を区別して考えれば、「疲れやすい」という状態は、必ずしも老化が原因ではないことがおわかりでしょう。

 もちろん、ある程度の年齢になれば、誰でも肉体的な衰えは生じますが、それはあくまでも単純な「疲労」─基本的には肉体的な疲労です。その対策としては、症状に応じた運動や食事の摂り方、睡眠などの休息の仕方に工夫を凝らし、積み重ねていくことが正しい方法です。

 しかし、「疲労感」は、カラダを動かしたわけでもないのに襲ってきます。ですから、また異なる対策が必要になってくるのです。

 なぜなら、「疲労感」は、脳の働きと深く関係しているからです。さらにいえば、人間の「欲」とかかわっているのではないかと、私は思うようになりました。

「疲労感は、カラダが感じているというよりは、カラダの一部である脳が感じています」(亀田)

 この疲労感は、カラダが感じているというよりは、カラダの一部である脳の前頭前野と呼ばれるエリアがかかわっているとされています。

 前頭前野といえば、アルツハイマー病に代表される認知症の文字が頭に浮かんできます。以前に見たテレビの科学番組で、アルツハイマー病は25年かけて発症すると知った時、衝撃を受けたことを思い出しました。脳内にアミロイドβという物質が25年かけて沈着し、徐々に脳が萎縮していくのだそうです。

 だとすると、およそ40代に入った頃には、こうした変性が私たちの脳に起こり始めている可能性が高いことになります。

 私の近しい人にも認知症の方がいらっしゃるのですが、進行するにつれ、「欲」がなくなっていく傾向を感じます。もしかすると、欲が小さくなっていくことが、なかなか抜けない疲労感の正体かもしれないと考えたりもします。

 疲労感は年齢と歩調を合わせて現われるがゆえに、先ほどの言葉、「年ですかねぇ?」につながっているのではないかと考えます。もっともこの話にはまったくエビデンスはなく、私の個人的推察に過ぎません。自分の身の周りにある事象から考えると、そのように思います。

「疲労感」は最小限にとどめることができる

 確かに、「年をとれば欲がなくなる」、そして次に「疲労感が増す」と考えれば、疲労感もまた広い意味で加齢と深く関係しているのではないかといわれるかもしれません。

 しかし、「疲労」が加齢によって避けられないのにくらべると、「疲労感」のほうはそれを最小限にとどめることができるかもしれません。「欲」をなくさなければよいというのが、私の考え方です。この「欲」は、「好奇心」や「ものごとに対する興味」ということばに置き換えるとわかりやすいかもしれません。

 たとえば、会社の上司とのミーティングでは30分でくたくたに疲れてしまうことがあっても、気の合う友人たちや心ときめく異性とは何時間話していても疲労感を覚えません。また、同じようにパソコンに向かっていても、人にやらされている仕事ではすぐに疲労を感じてしまうのに、旅行の予約や趣味の調べものでは疲れることがありません。

 これが、まさに「欲」が疲労感を左右している証拠ではないでしょうか。もし「欲」をほとんどなくしてしまえば、たとえ親友や素敵な異性と会っていても、すぐに疲れてしまうことでしょう。

 人間はいくつになってもやりたいこと、手に入れたいものなどがあった方がよいと思います。

 「いい年をしてこんなことやると可笑しいかな?」とか、「こんな服を着て歩いたら笑われるかな?」などと考えて自分を抑えるのはやめましょう。

 そういうことの連続がひとつずつ「欲」を失っていくことにつながるのではないかと思います。人間は死ぬまでやりたいことをして生きたいものです。いい年を迎えたオッサンとして、心底そう思う今日この頃です。

 もちろん、疲労感の多い少ないには、栄養や適度な運動も深くかかわっていることは確かです。カラダと心は深くつながっているのですから、それは当然です。ただそれに加えて、「欲」という存在が、いかに大切なものであるかをわかっていただきたいのです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.