日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > ミネラルご飯ダイエット  > 朝1杯のご飯、“ミネラルふりかけ”と味噌汁でやせる
印刷

ミネラルご飯ダイエット

朝1杯のご飯、“ミネラルふりかけ”と味噌汁でやせる

毎日2合で体もお腹もスッキリ、 お肌もツルツルに!

ご飯を抜くダイエットだと、便秘になったり、胃もたれしたりする…。そんな人に朗報! 朝1杯のご飯と“ミネラルふりかけ”、それに温かい味噌汁を組み合わせれば、間食がなくなりウエスト減! お通じ快調で美肌にもなれます。

毎日2合で 体スッキリ お肌もツルツル

「体重を調整したいときは、3食ともご飯と味噌汁だけで過ごし、3日程度で減量します」(柏原さん)。

 管理栄養士の柏原ゆきよさんは、雑穀米をなんと1日2合ぺろりと食べてしまう。それなのに太っていない、どころかスタイルが良くて肌もツヤツヤ! その秘密は、ご飯だった。

 昨今のダイエットでは糖質オフが主流で、その槍玉にあげられるのが「白米」の取り過ぎ。だが柏原さんは、白米に含まれるアミノ酸に着目し、むしろ積極的に白米を取ることで、食べながらやせられて、しかも細胞の再生に必要なアミノ酸も補えるという夢のようなダイエットを実現している。

 そもそも白米に含まれるアミノ酸のスコア(食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値)は「65」であるが、ここに和食の定番である味噌汁、しかも野菜たっぷりのものを加えると、限りなくスコアが100になる。タンパク質を構成しているのがアミノ酸。つまり、ごはんは取り方次第で「タンパク源」になり、野菜豊富な味噌汁などを加えることで、アミノ酸や糖質の代謝に欠かせないミネラルもビタミンもチャージできてしまうというわけだ。ちなみに、アミノ酸スコア100は、「完全栄養食品」とも呼ばれる卵と一緒だ。

 柏原さんが習慣にしているのは、朝食でご飯と温かい味噌汁をとること。ご飯は、米1合に対して雑穀大さじ3とたっぷり入れる。外食をする場合は、ご飯とおかずが並ぶ定食を選ぶ。特に夜は、胃腸のことを考えておかずを控え、ご飯とおかずは6対4の割合にする。

 現代の食生活は「主菜多め」の献立になっていることが多く、その量に伴って「主食」であるごはんの摂取も増えるために、どうしてもオーバーカロリーになりやすい。また、「おかずが多いと油や塩分が増えがちになるため、胃腸の機能が弱っている人には負担になる」と柏原さん。そこで、ご飯とおかずを6対4の割合にして主菜の摂取量をコントロールするわけだ。

 さらに、ご飯を食べるときは「しっかりあごを動かして咀嚼(そしゃく)すると、唾液の分泌が増えて消化を助け、胃腸を活性化させる」という。

 柏原さんの指導を受けたある女性(56歳・教員)は、「体重に変化はなくとも、3日目から胃腸が活発にぜん動して“筋トレ”しているように動き始め、ウエストが6cm減。基礎化粧品を1種類減らしたほど乾燥肌も改善しました」と語る。白米は腸の中で便のかさを作る役割も果たす。つまり、米をしっかりとれば、腸の「お掃除」にもなるるわけだ。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.