日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > ミネラルご飯ダイエット  > 朝1杯のご飯、“ミネラルふりかけ”と味噌汁でやせる  > 3ページ目
印刷

ミネラルご飯ダイエット

朝1杯のご飯、“ミネラルふりかけ”と味噌汁でやせる

毎日2合で体もお腹もスッキリ、 お肌もツルツルに!

ミネラルご飯ダイエットのルール

 まずは10日間、朝食を変えて、昼夜、間食もご飯中心の生活にしよう。

1:朝は「ご飯」「ミネラルふりかけ」「味噌汁」でミネラルチャージ

 朝食はご飯と、エネルギー燃焼を促すミネラル豊富な食材を使った特製ふりかけで、太りにくい体に。「インスタントでもいいので、胃腸を温められる効果がある温かい味噌汁をとって」(柏原さん)。

2:昼も夜も主食はご飯!

 昼夜ともご飯にして、アミノ酸を補給しよう。そのとき、ご飯を食べ過ぎないように、ごはんとおかずを6:4にするのがポイント。ただし、食事が夜遅くなってしまう場合は、夕方にご飯だけ先に食べておくなど「分食」しよう。

3:間食するならおにぎりを

 3食しっかりミネラルご飯を食べていれば間食は欲しくなくなるが、それでも食べるならおにぎりを。ご飯が冷めると、でんぷんの構造が変化して食物繊維と似た働きを持ち、腸を元気にする。

ご飯がいいワケ

 ご飯は食パンに比べて脂質が少ない。植物性のたんぱく質も多く、鉄分も含む。京都大学らの研究では、標準体重で体脂肪率の高い隠れ肥満の女子大学生が、1日3回のご飯を主食とした和食を2週間食べ、体脂肪率やウエストまわりが減少した。

※データ:糖尿病:51(10),889-898,2008


柏原さんのご飯History

 柏原さんは、10代の頃から肌トラブルに悩み続け、20代も皮膚炎や膀胱炎、突発的に高熱を出すなど不調が続いていた。それが40歳を迎えた今、ファンデーションを使わずに過ごせるほど輝く美肌を手に入れたのは、やはりご飯の力が大きかった。

  • 20代:冷えや便秘に悩み、疲労があると湿疹が出たことも。
  • 29歳のとき:営業先で40代に間違われ、ショックを受ける。パンやパスタ中心の食生活を見直す。
  • 30代前半:ご飯食に切り替えると2、3年で冷えがなくなり、肌が劇的に改善した!
  • 30代後半:雑穀に出合い、体がさらに変わる。体力がついて疲れにくくなった。



*次回は、手軽にミネラルをご飯に付加できる「ふりかけレシピ」を紹介します。


(取材・文:松岡真理/写真:鈴木正美/レシピ考案・料理:成沢正胡/栄養計算:原山早織〔食のスタジオ〕)

柏原ゆきよさん
管理栄養士
柏原ゆきよさん 日本健康食育協会代表理事。
医療機関の栄養コンサルタントや、飲食店店舗開発などに携わり、ダイエット・アドバイザーとして、2万人以上の食事をサポート。
著書に『お腹からやせる食べかた』(講談社)がある。
成沢正胡さん
料理研究家
成沢正胡さん 料理教室「うらら」を主宰。
「アーモンドとワカメのしっとりふりかけのワカメは、水に戻さずにさっと洗うと歯応えが残っておいしい」。
日経ヘルス連載「旬の食材 ヘルシーレシピ」でもレシピを考案・紹介している。


(出典:日経ヘルス2013年11月号)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.