日経グッデイ

息を吐き切るだけでやせる! 5秒ダイエット呼吸

ひねりを加えながら呼吸すればウエストすっきり!

さらに、ひもを使えばもっと効果アップ!

ストレッチをしながら、息を深く吸って吐いてを繰り返すだけなのに、みるみるサイズダウンする最強の呼吸法、それが「5秒! ダイエット呼吸」。この呼吸法で守るべきはただ1つ、鼻から5秒かけて吸い、口から5秒かけて吐き切る。特に、吐き切るのが大切だ。

 「基本の5秒! ダイエット呼吸」で胸と背中を気持ちよくストレッチしたら、今度はひねる動作を加えてウエストまわりの筋肉を刺激しよう。現代人は体をひねる動作が不足気味だ。ひねりの動作で内外2つの腹斜筋(右イラスト)を刺激する。

 このときの呼吸も、鼻から吸って口から吐き切る、が基本になる。「体を曲げる、ひねるのタイミングで息を吐き切ること」と饗庭(あいば)さん。慣れないうちは、動きに気を取られてしまって呼吸を忘れてしまうかもしれないが、それはNG。まずは普通の呼吸で始めてみて、慣れてきたら5秒呼吸を加えて。

 左右を同じ回数ひねることも大切。左右で動きにくい側があったら、その方向を重点的にやってみよう。

オフィスでもできる「ひねって倒す、5秒! ダイエット呼吸」

 前回紹介した「基本の5秒! ダイエット呼吸」にひねりの動作を加えたもの。上半身をひねり、背中をストレッチさせながら呼吸する。ちょっときついけれど効果大。

[画像のクリックで拡大表示]

太もも、お尻も引き締まる「全身ひねり、 5秒! ダイエット呼吸」

 ウエストだけでなく、太もも、お尻など下半身の引き締め効果もある全身ストレッチ。脚を踏み出したときはぐらつかないようにバランスを取って。

[画像のクリックで拡大表示]

「5秒! ダイエット呼吸」応用編 ひもを使えばもっと効果アップ!

 ひもを使ったストレッチ +「5秒! ダイエット呼吸」は、ひもがストレッチの動作をサポートしてくれる。

[画像のクリックで拡大表示]

まずは縄跳びくらいの長さのひもを用意して

 荷造り用のひもなど、軽くて、引っ張っても切れにくいひもを用意する。ひもの両端が胸の高さに来る程度の、縄跳びくらいの長さにして結ぶ。


肩まわり、股関節まわりもほぐれる「座って5秒! ひも呼吸」

 股関節まわり、肩関節、お腹を鍛えられるストレッチ。むくみの改善にも。ひもで足を支えているから無理なく脚を上げることができる。

[画像のクリックで拡大表示]

お尻を引き締める「立って5秒! ひも呼吸」

 立ち姿勢でひも呼吸。お腹と、支えているほうのお尻に力を入れて。ヒップアップ効果があり、肩こりも解消! 無理せず、転ばないように注意して行おう。

[画像のクリックで拡大表示]


(写真:鈴木 宏/モデル:仁美/イラスト:三弓素青)

饗庭秀直(あいば ひでなお)さん
ボディメンテナンス学院院長
饗庭秀直(あいば ひでなお)さん 1958年群馬県生まれ。アスリートとして活躍した経験をもとに、スポーツ選手や企業個人向けの健康指導を行う。ストレッチをアレンジした独自のダイエット理論が人気。「空腹時が効果的ですが、オフィスなどでもすき間時間でこまめにやりましょう」。


(出典:日経ヘルス2013年7月号)