日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > お腹がへこむ! 座ってピラティス  > 座ってピラティスに「ひねる」「倒す」を加え、体幹にもっと効かせる!  > 3ページ目
印刷

お腹がへこむ! 座ってピラティス

座ってピラティスに「ひねる」「倒す」を加え、体幹にもっと効かせる!

応用エクササイズで骨盤と脇腹を強く刺激し、お腹がへこみ筋力もアップ

下腹部を引き締める「ハーフロール アップ&ダウン」

 お腹を囲む筋肉のコルセットである腹横筋をメーンに鍛えられるエクササイズ。ほかにもお腹を前から支える「腹直筋」が鍛えられるので、ポッコリお腹の解消に役立つ。腰を痛めるので、無理にたくさん後ろへ倒そうとしないこと。

効果:「お腹が凹む」「疲れにくくなる」

2セット
[画像のクリックで拡大表示]

(1)椅子に横向きに座る。基本姿勢をつくり、4カウントで息を吐きながら両手を前へ伸ばして床と平行にする。手のひらは内側へ向ける。4カウントで息を吸い込み、準備。


[画像のクリックで拡大表示]

(2)「1、2」で息を吐きながら骨盤だけを後ろへ倒し、腰を軽く曲げる。このとき、お腹が落ちないように注意。


[画像のクリックで拡大表示]

(3)「3、4」で息を吐き続け、できるだけ後ろへ上半身を倒す。あごを引き、足は床にしっかりとつける。できるところまで倒したら、4カウントで息を吸いながらキープ。息を吐きながら元の体勢に戻す。

 できる人は体を後ろへ倒した体勢のまま脚の上げ下げ運動をプラス。息を吸いながら片足を5cmアップ、吐きながら下ろす。反対側の足も同様に行う。

[画像のクリックで拡大表示]



 次回は、応用エクササイズの続編を紹介する。上半身も下半身も鍛えて背中も引き締め、肩こりや脇腹のだぶつきを解消しよう!


(取材・文:木村直子/写真:岡﨑健志/モデル:下枝 愛)

澤田美砂子さん
日本女子大学 家政学部 講師
澤田美砂子さん FTP Japan認定マットピラティスベーシックインストラクター。大学の講義、同大学公開講座などでピラティスを指導する。
著書に『1日5分!「座ってピラティス」』(講談社)。


(出典:日経ヘルス2013年7月号)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.