日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Gooday知っ得キーワード  > 抗生物質の乱用が招く「耐性菌」の脅威って?  > 3ページ
印刷

Gooday知っ得キーワード

抗生物質の乱用が招く「耐性菌」の脅威って?

耐性菌は、なぜ怖い?私たちはどうすればいい?

 稲垣麻里子=医療ジャーナリスト

耐性菌から身を守るために私たちにできること

 「まずは風邪や下痢と診断されたときにはむやみに抗生物質を求めない、服用しないことです」(青木医師)。

 検査結果で肺炎や赤痢、サルモネラなど、細菌による病気であると診断された場合、あるいはそれらを疑わせる症状や経過があると医師が判断した場合のみ、抗生物質の処方を受け入れるようにし、説明もなく抗生物質を処方する医師に対してはきちんと説明を求めることが大切だという。

 無駄に抗生物質を使用すると、いざ重い病気で抗生物質がどうしても必要になったときに効かなくなる可能性がある。実は、コミュニティ全体で抗生物質の使用を控える工夫をすることで、耐性菌は少しずつ減っていくという。「抗生物質を適正に使えば、耐性菌の問題を最小限にできるのです」(青木医師)。

※耐性菌についてさらに詳しくお知りになりたい方は、「薬が効かない「耐性菌」をどう抑える?」(会員限定記事 登録有料)の記事をご覧ください。

青木 眞(あおきまこと)医師
感染症コンサルタント
青木 眞(あおきまこと)医師

1979年弘前大学医学部卒業。感染症コンサルタント。東京医科大学 臨床検査医学講座 客員教授。米国一般内科・感染症内科専門医。抗生物質の適正使用を含む感染症診療の基本について啓蒙活動をしている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.