日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Gooday知っ得キーワード  > 尿一滴でも反応、「線虫」ががん検診の未来を変える!?  > 2ページ目
印刷

Gooday知っ得キーワード

尿一滴でも反応、「線虫」ががん検診の未来を変える!?

10部位のがん患者の尿に反応 臭いに敏感で検査費用はわずか数百円

 仲尾匡代=医療ライター

 実際に、がん患者の尿をシャーレの片側にたらすと、線虫は尿に引き寄せられ移動する。逆に、健常者の尿で同じ実験をすると、線虫は尿から遠ざかる方向に移動する。現時点においては、どの部位に発症したがんなのかまでは識別できないものの、実験対象とした10種(食道、乳房、胃、膵臓、胆管、大腸、前立腺、肺、盲腸、消化管間質腫瘍[GIST])のすべてのがん患者の尿に反応したという。

健常者(がんが疑われない人)の尿を入れたシャーレ。線虫は尿滴に寄っていっていない。
健常者(がんが疑われない人)の尿を入れたシャーレ。線虫は尿滴に寄っていっていない。
[画像のクリックで拡大表示]
がん患者の尿を入れたシャーレ。尿の匂いに反応して、尿滴の周りに線中が集まっている様子が分かる。
がん患者の尿を入れたシャーレ。尿の匂いに反応して、尿滴の周りに線中が集まっている様子が分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

 検査で使う線虫は極めて安価で、検査の実費も数百円程度で済むことに加えて、「実用化への道のりに技術的な問題は少ない」(広津助教)という。だが、現在のがん検査に生物を用いて判定する前例がないため、一般的な健康診断の一項目として採用されるまでには、法整備などハードルは少なくない。

 しかし、ごく微量な尿から診断が可能なため「郵送による任意の検査であれば、3年をめどに実用化も可能でしょう」と広津助教。現在、日立製作所との共同研究の他、実験に必要な検体提供を担う医療機関との連携など、実用化に向けた準備を進めている。自宅にいながらでもがん検査ができる日が来るのも、そう遠くないかもしれない。

受検者の体への負担はほぼゼロ

 線虫によるがん検査は、「がん検診に大きな変革をもたらす」と、各メディアが広津崇亮助教らの研究グループの発表に注目した。日本のがん検診受診率は、欧米諸国に比べてかなり低く、2007年以降「がん検診受診率50%以上」の目標値を掲げているものの、未だ達成できていない。最も受診率が高い男性の肺がん検診でも47.5%(2013年度国民生活基礎調査)にとどまっている。

 受診率が上がらない理由として、がん種別に検査が必要なことや医療機関へ出向かねばならない煩雑さ、痛みを伴うといった体への負担などがあげられている。

 一度の検査で複数種のがん検査が可能な腫瘍マーカーについては、そのコスト高が指摘される。また、初期がんだと陽性反応が出ない検査もある。線虫によるがん検査は、こうした問題をすべてクリアできるという点において、がんの早期発見につながる画期的な検査法になるともいえそうだ。

広津 崇亮さん
九州大学大学院 理学部研究院生物科学部門助教
広津 崇亮さん 東京大学理学系研究科修了、理学博士。長年、嗅覚システムに関する研究に従事し、2011年より研究室を主宰。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.