日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Gooday知っ得キーワード  > より安全で有効なインフルエンザの次世代ワクチンって?  > 2ページ
印刷

Gooday知っ得キーワード

より安全で有効なインフルエンザの次世代ワクチンって?

鼻からシュッ、生ワクチンよりも少ない副反応

 大西淳子=医学ジャーナリスト

変異ウイルスにも予防効果あり

 新しい経鼻ワクチンは、不活化ワクチンであるために副反応は軽く、慢性疾患の患者や乳児、高齢者などに幅広く投与できる可能性があります。

 2012年に終了した、健康なボランティア50人を対象とする臨床試験で、季節性インフルエンザA型(H3N2)を対象に作製したワクチンを2回経鼻投与したところ、欧州でワクチンとして承認を得るために必要な条件を満たす免疫反応を誘導できました。サルを使った実験でも明らかな効果が見られています。マウスでは、このワクチンが、標的としたウイルス株とは異なるウイルス(変異ウイルス)にも感染予防効果を発揮する(これを「交差防御」と言います)ことが確認されています。

 長谷川氏らは、このワクチンの製品化を目指して、臨床試験の準備を進めています。より安全で感染予防力が高く、流行するウイルスのタイプが変わっても何年も効果が持続する経鼻ワクチンが利用可能になり、より多くの日本人が接種を受けるようになれば、インフルエンザによる学級閉鎖は懐かしい冬の思い出の一つになるでしょう。

インフルエンザワクチン接種率はどのくらい?

 インフルエンザの予防接種、どのくらいの国民が受けていると思いますか。

 埼玉県立医科大学などが行った調査(*1)では、2000/2001シーズンには推定923万人でしたが、それ以降、接種者は徐々に増加し、2010/2011シーズンには推定4946万人になっていました。2008年から2011年の流行期の年齢別接種者割合はほぼ一定で、小児と高齢者が半数強、一般成人は3割弱、全体では4割弱、という状況でした。

 なお、医療従事者は別格です。「日経メディカルオンライン」が医師を対象に2014年12月に実施した調査の中で、自分自身がインフルエンザワクチンを「毎年接種するようにしている」と回答した医師は全体の9割にのぼりました(*2)。患者から感染する危険性の高い医師は、予防接種の意義を感じているようです。

*1 日本公衆衛生雑誌 2014;61(7):354-359.
*2 日経メディカルオンライン 2014.12.17「9割の医師は毎年ワクチン接種を受ける」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/1000research/201412/539834.html(会員限定記事)
日本は予防接種後進国?

 日本で初めて「予防接種法」が制定されたのは1948年。終戦直後の混乱期で、様々な感染症が猛威をふるっていた時代に、公衆衛生的な観点から、12の疾患に対する予防接種を義務づけ、罰則制度も設けられました。その12疾患のうちの一つがインフルエンザでした。

 1962年にはインフルエンザワクチンの集団接種が始まりました。が、紆余曲折を経て1994年に任意接種になり、接種率は大きく低下しました。

 今の日本で定期接種されている予防接種(麻疹、風疹、おたふくかぜ、日本脳炎、ポリオ、破傷風、ジフテリア、百日咳、結核など)は、予防接種法に基づき「受けるよう努めなければならない」という努力義務を課せられているものです。費用には公的助成がありますが、強制力や罰則はなく、受けるかどうかは個人の判断に委ねられています。一方、インフルエンザの予防接種は、高齢者が受ける場合などを除いて、完全に任意接種です。

 海外の先進国では、たとえば、指定された予防接種を全て受けていないと小学校に入学できないといったルールが設けられており、国民の多くが様々な予防接種を受けることになります。その差を見ると、日本が「予防接種後進国」と呼ばれているのも仕方がないと思えるほどです。

 2007年には、カナダを訪れた日本の修学旅行生が麻疹を発症しました。麻疹は先進国では徹底した予防接種によって既に発症を見なくなっていたため、日本は「麻疹輸出国」という汚名を被ることになりました。ただし麻疹については、国内で予防のための努力が続けられ、2015年3月にWHOから、日本固有のウイルスの感染が3年以上発生していないことを根拠として、麻疹排除認定を受けました。

 予防接種は、個人の感染予防と重症化の防止という目的と、地域での感染症の蔓延を予防するという社会的な意義を持っています。予防接種を受けることは、実は社会貢献活動の一つなのです。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.