日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > 「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由

Gooday知っ得キーワード

「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由

頭と体を若く保つ「オメガ3系脂肪酸」

 渡辺満樹子=フリーライター/エディター 

太りやすい油と太りにくい油がある

EPAやDHAは青魚の魚油に多く含まれる。(©Olena Mykhaylova 123-rf)

 とりすぎると「太る」という印象がある油。だが、油はエネルギー源になるのはもちろん、体内で細胞膜の材料になるほか、脂質性の栄養の吸収を助けるなど、健康で若々しい体を作るために不可欠なものもある。

 油はラードや牛脂などの動物の脂やバターなどの乳製品に多く含まれる「飽和脂肪酸」と、オリーブオイルや大豆油などの植物に含まれる「不飽和脂肪酸」に分けられる。このうち、太りやすいのは飽和脂肪酸で、とりすぎてエネルギーとして使われなかった分は体脂肪となる。一方、不飽和脂肪酸はエネルギーや細胞膜の材料として使われるので、体の中にはたまりにくいといわれる。

 すべての油はそれぞれに含まれる脂肪酸が異なり、性質も異なる。不飽和脂肪酸は次のように分けられる。

  • オメガ9系(n-9系、オレイン酸など)・・・オリーブオイルやゴマ油などに含まれる
  • オメガ6系(n-6系、リノール酸など)・・・大豆油、コーン油などに含まれる
  • オメガ3系(n-3系、α-リノレン酸、EPA/DHAなど)・・・魚、亜麻仁油、エゴマ油などに含まれる
 

 なかでもオメガ6系とオメガ3系は体内で作ることができない「必須脂肪酸」と呼ばれており、適量をとることが大切だ。ただし、オメガ6系はとり過ぎると善玉HDLコレステロールを下げたり、アレルギーを助長することもあるので要注意だ。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.