日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > 「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由  > 2ページ目
印刷

Gooday知っ得キーワード

「オメガ3系脂肪酸」が“いい油”No.1といわれる理由

頭と体を若く保つ「オメガ3系脂肪酸」

 渡辺満樹子=フリーライター/エディター 

オメガ3系脂肪酸はどう体にいい?

 油の中でも、現在「いい油No.1」といわれるのが、オメガ3系脂肪酸で、これには、魚油に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)、亜麻仁(あまに)油やエゴマ油(シソ油)などの植物油に多く含まれるα-リノレン酸などがある。

 オメガ3系のうち、EPAやDHAにはアレルギーを抑える作用、体内の脂肪の合成を抑える作用、認知症やうつを予防する作用などがあるとされている。亜麻仁油やエゴマ油に含まれるα-リノレン酸も体内でEPAやDHAに変化するが、一部しか変換されないため、魚油からとるのが効果的だ。

オメガ3系脂肪酸を効率よくとるには?

 亜麻仁油やエゴマ油などのオメガ3系の植物油は加熱すると酸化しやすいので、短時間の調理やドレッシングなどに向く。また、オメガ6とオメガ3系は同じ酵素で分解されるため、競合する。オメガ6系をとりすぎるとオメガ3系が十分に代謝されないので、オメガ6系のとり過ぎは避けたい。オメガ6系はスナック菓子などの加工品に多く入っている。

 「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、成人(18歳以上)の1日のオメガ3系脂肪酸の目標量は男性18~29歳が2.1g以上、30~49歳と70歳以上が2.2g以上、50~69歳が2.4g以上、女性18~49歳と70歳以上が1.8g以上、50~69歳以上が2.1g以上。いずれの世代も、EPA及びDHAで1日1g以上摂取することを推奨している。特にEPAやDHAが多く含まれるのはマグロ、サンマ、ウナギ、サバ、カツオなど。いずれも100g程度で十分な摂取が可能だ。

●参考文献
日経ヘルス2015年11月号 特別付録P16-20
日経BP社日経ヘルス編『サプリメント事典 第4版』(2011年3月発行)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.