日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > 過剰なスマホ利用が招く「ストレートネック」とは?
印刷

Gooday知っ得キーワード

過剰なスマホ利用が招く「ストレートネック」とは?

 梅方久仁子=ライター

 最近、“ストレートネック”の人が増えているという。

ストレートネックとは、頸椎の自然なカーブがなくなり前にまっすぐ突き出した状態
[画像のクリックで拡大表示]

 健康な人の首は、7個の頸椎が前に向かってゆるやかにカーブして連なり、頭を支えている。このカーブがなくなり、首がまっすぐ前に突き出すようになった状態がストレートネックだ。横から見ると、猫背で頭が前に出ているように見える人が危ない。不安な人は、壁にかかとと背中をつけてまっすぐ立ってみよう。この姿勢で後頭部が壁につかない場合は、ストレートネックの可能性が濃厚だ。

 ストレートネックになると、頭を支えるために肩から首の筋肉が常に緊張することになり、しつこい肩こりや首の痛みが起こってくる。重症になると、腕のしびれ、頭痛、めまいなど、全身の体調不良につながっていくこともある。

前屈みの姿勢を長時間続けるのは避けよう

 ストレートネックの原因は、前屈みで手元をのぞき込むような姿勢を長時間続けることにある。大人の頭の重さは4~5kgほどもある。前屈みの姿勢を続けていると、周辺の筋肉が頭の重さを支えきれずに頸椎のカーブが失われていく。それが繰り返されると、やがてその状態が固定してしまう。

 ストレートネックが増えた背景には、IT機器の普及がある。特にノートパソコン、スマートフォン、ゲーム機などは、膝の上に置いてのぞき込む姿勢になりやすい。仕事で1日中パソコンを使いつつ、オフタイムはスマホに熱中というのでは、首が休まる暇がない。

 ストレートネックを予防するには、前屈みの姿勢をなるべく避けることだ。パソコンは姿勢を正して座ったときに、ほぼ目の高さになるようにディスプレイの位置を調整しよう。スマホは両手で支えるなどして、目の高さ近くまで持ち上げて使うとよい。また、ときどき休憩して首や肩のストレッチを実行しよう(やり方については、下記「呼吸筋ストレッチで胸と背中を刺激、美しい姿勢に」や「胸と背中を緩めて鍛えて“美姿勢”に!」をご参照ください)。

 いったんストレートネックになっても、適切な治療と生活習慣の改善で元に戻すことはできる。しつこい肩こりや首の痛みを抱えている人は、一度整形外科などで相談するといいだろう。

呼吸筋ストレッチで胸と背中を刺激、美しい姿勢に
「胸」と「背中」を緩めて鍛えて“美姿勢”に!

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.