日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > 過剰なスマホ利用が招く「ストレートネック」とは?
印刷

Gooday知っ得キーワード

過剰なスマホ利用が招く「ストレートネック」とは?

 梅方久仁子=ライター

 最近、“ストレートネック”の人が増えているという。

ストレートネックとは、頸椎の自然なカーブがなくなり前にまっすぐ突き出した状態
[画像のクリックで拡大表示]

 健康な人の首は、7個の頸椎が前に向かってゆるやかにカーブして連なり、頭を支えている。このカーブがなくなり、首がまっすぐ前に突き出すようになった状態がストレートネックだ。横から見ると、猫背で頭が前に出ているように見える人が危ない。不安な人は、壁にかかとと背中をつけてまっすぐ立ってみよう。この姿勢で後頭部が壁につかない場合は、ストレートネックの可能性が濃厚だ。

 ストレートネックになると、頭を支えるために肩から首の筋肉が常に緊張することになり、しつこい肩こりや首の痛みが起こってくる。重症になると、腕のしびれ、頭痛、めまいなど、全身の体調不良につながっていくこともある。

前屈みの姿勢を長時間続けるのは避けよう

 ストレートネックの原因は、前屈みで手元をのぞき込むような姿勢を長時間続けることにある。大人の頭の重さは4~5kgほどもある。前屈みの姿勢を続けていると、周辺の筋肉が頭の重さを支えきれずに頸椎のカーブが失われていく。それが繰り返されると、やがてその状態が固定してしまう。

 ストレートネックが増えた背景には、IT機器の普及がある。特にノートパソコン、スマートフォン、ゲーム機などは、膝の上に置いてのぞき込む姿勢になりやすい。仕事で1日中パソコンを使いつつ、オフタイムはスマホに熱中というのでは、首が休まる暇がない。

 ストレートネックを予防するには、前屈みの姿勢をなるべく避けることだ。パソコンは姿勢を正して座ったときに、ほぼ目の高さになるようにディスプレイの位置を調整しよう。スマホは両手で支えるなどして、目の高さ近くまで持ち上げて使うとよい。また、ときどき休憩して首や肩のストレッチを実行しよう(やり方については、下記「呼吸筋ストレッチで胸と背中を刺激、美しい姿勢に」や「胸と背中を緩めて鍛えて“美姿勢”に!」をご参照ください)。

 いったんストレートネックになっても、適切な治療と生活習慣の改善で元に戻すことはできる。しつこい肩こりや首の痛みを抱えている人は、一度整形外科などで相談するといいだろう。

呼吸筋ストレッチで胸と背中を刺激、美しい姿勢に
「胸」と「背中」を緩めて鍛えて“美姿勢”に!

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.