日経グッデイ

Gooday知っ得キーワード

失った顔を取り戻す「顔面移植」がもたらす幸福

容貌だけでなく様々な機能も回復

 大西淳子=医学ジャーナリスト

頭蓋骨を包むほぼ全ての組織を移植する手術も可能に。(©Elnur Amikishiyev-123rf)

 「顔面移植」という言葉をご存じでしょうか。顔面移植は、事故や火傷などによって大きく損なわれた顔を、脳死ドナーの顔と部分的に、または全て取り替える医療技術です。通常の形成手術を繰り返しても限定的な効果しか得られなかった患者に、原則として1回の手術で、より正常に近い、機能する顔を与えることができます。

 近年、顔面移植成功のニュースが海外から舞い込むようになりました。将来、日本でも行われるかもしれないこの移植手術、どのような手術で、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

顔面移植は人生を変える手術

 米国における顔面移植の先駆者であるEduardo D Rodriguez氏は、Lancet誌に2014年に報告した論文(*1)で、「命を救う(life-saving)ための臓器移植と異なり、顔面移植は人生を変える(life-changing)医療だ」と述べています。この点では、先にご紹介した陰茎移植「世界初、失われた陰茎が移植で回復」)と同じタイプの医療といえます。なお、陰茎移植手術には、顔面移植によって培われた技術やノウハウが用いられました。

 以下に、腕自慢の形成外科医チームが各国で成功させてきた顔面移植の概要をご紹介します。

2005年のフランスを皮切りに、30件近い報告

 世界初の顔面部分移植は、2005年にフランスで行われました。飼い犬に鼻と口を咬みちぎられた女性に、脳死ドナーから、頬、口を含む、鼻から顎までの部分が移植されました。術後に回復した患者は、傷痕を隠すメイクをすれば、マスクなしで外に出られるようになりました。

 2010年3月には、スペインで、世界初の顔面全移植が行われました。さらに同年7月、フランスの病院が、より完全な顔面全移植を行ったと発表しました。

 *1の論文が執筆された2014年春までに行われた顔面移植は28件で、内訳はフランス10件、米国7件、トルコ5件、スペイン3件、ベルギー、ポーランド、中国で1件ずつでした。患者が顔を失った原因として最も多かったのは銃の事故で10件、次に多かったのは火傷による損傷でした。

 移植された顔面は、患者の骨格や筋肉に合わせて形を変えるため、移植を受けた患者は、事故前の顔でもドナーの顔でもない、新しい顔になります。また、口の中や舌の移植を受けた患者は、当初は違和感に戸惑います。それでも多くの患者が、外見と機能の劇的な回復を経験し、通常の免疫抑制療法を受けながらより普通の生活を送っているそうです。

「パパ、すごくハンサムになったね」

 どの患者も、命が助かったのはほとんど奇跡といえるような災難にあい、顔を失いました。皆、皮膚移植や形成手術を何十回も受けましたが、「人間らしい顔」にはなりませんでした。想像を絶する体と心の苦しみは患者本人とその家族の人生をすっかり変えてしまい、患者のほとんどは自宅に引きこもって、孤独と闘っていました。

 2011年3月に米国初の顔面全移植を受けたDallas Wiens氏についてはハーバード大学のニュースサイトHarvard Gazetteに詳しく報道されました(*2)。手術の詳細は論文発表されています(*3)。5月の退院時には、患者本人が医師チームと共に記者会見に出席しました。

 Wiens氏は2008年に、高所作業車に乗って教会にペンキを塗っている最中に電線に接触、顔面に大火傷を負って、目、鼻、唇を大きく損傷し、頭頂部の頭髪や、聴覚以外の感覚も失いました。何度も形成手術を受けましたが、口以外はすべて皮膚で覆われ、唇と歯を失った口は閉じることができなくなりました。十分な唾液が出ないために口から食べることは不可能で、会話も不自由でした。

 適合する脳死ドナーが現れたため、30人を超えるスタッフが15時間をかけて、頭頂部の頭皮も含む顔面の全て、すなわち、皮膚、顔の動きに必要な筋肉、運動神経と感覚神経、血管と、まぶた、顎、唇、鼻、鼻の骨や内部構造などをWiens氏に移植しました。血管を丁寧に接続したおかげで、移植した顔は生着し、まもなく患者は、移植された鼻から呼吸し、匂いを感じられるようになりました

 Wiens氏は術後に自分の指で顔面に触れ、凹凸があることに感動しました。4歳だった娘のスカーレットは、病室を訪れた際に氏の膝にのぼって顔に触れ、「パパ、すごくハンサムになったね」と言ったそうです。Wiens氏は記者会見で「これで自分の人生に戻れる。家族と過ごし、娘にとって良い父親になろうと思う」と語りました。

 Wiens氏の皮膚の感覚は、退院後となる術後4カ月後の時点で一部回復し、筋肉も動くようになりました。さらにその後、口から食べ、普通に会話できるようになりました。残念ながら視力は戻りませんでしたが、今は盲導犬が目の代わりをしているようです。

 Wiens氏の例は、顔面全移植により、機能的な回復と容貌の大きな修正が可能であること、移植は、患者のみならず、患者とかかわる全ての人を救うことを示しました。崩れてしまった患者の容貌は、家族を含む周囲の人の心にも影を落とします。それが態度となって現れると、患者の心持ちと行動を変えてしまいます。顔面移植は、患者と周囲の人の心の負担を大きく減らすことができます。

頭蓋骨を包むほぼ全ての組織を移植する手術も成功

 2015年11月16日に米国で、これまでで最も広範囲にわたる、最も困難な頭皮顔面全移植を成功させたという報告がありました(*4)。New York大学Langone医療センターの100人を超えるスタッフが、26時間をかけて行った移植の対象となったのは、元ボランティア消防士のPatrick Hardison氏でした。

 ボランティア消防士は、日本の消防団の団員のようなもので、プロの消防士が消火を行っている間に、逃げ遅れた人を救助する活動などを行います。2001年9月、火事現場で救助活動を行っていたHardison氏の上に燃え盛る天井が崩れ落ち、同氏は、顔と頭皮、背中に大火傷を負いました。まぶた、耳、唇、鼻のほとんどと頭髪、眉を失ったHardison氏は、70回を超える形成手術を受けましたが、ゴムのマスクをかぶっているような容貌は改善しませんでした。

 そんなHardison氏に行われたのは、頭蓋骨を包むほぼ全ての組織をドナーのものと入れ替える、大規模な手術でした。ドナーの顎と頬と鼻の骨や、耳と耳の穴も移植されました。まぶたの移植とともに、瞬きを司る筋肉や神経が丁寧に接続されました。移植から3日目には瞬きが可能になり、頭髪が伸び始めました。その後もHardison氏は、日々回復しているようです。

免疫抑制剤を生涯服用するため、がんや感染症のリスクも

 移植を受けた患者は生涯にわたって、免疫抑制剤を使用し続けねばならず、移植された顔が何年間留まってくれるのかは不明です。免疫抑制療法は、生命を脅かす感染症のリスクを高め、腎機能の低下やがんを引き起こす可能性があります。容貌以外に健康には問題がない成人に、免疫抑制剤の継続的使用を強いる治療を行うことの是非についは、今も議論があります。

 それでも、予期せぬ出来事によって「人間には見えない顔」になり、度重なる形成手術に耐えつつ絶望感と孤独と闘う患者の、拒絶反応に対する不安や免疫抑制剤の副作用を抱えてでも「人波に紛れることができる顔」が欲しいという願いは、人間が社会的動物であることを痛感させます。顔面や陰茎の移植は、生命を救う医療や余命を伸ばす医療とは一線を画してはいますが、それらと同様に強く求められる医療なのだと思います。

 注)英語のサイトを対象にウェブ検索すると、患者さんの移植前と移植後の写真が出てくることがあります。下記の引用文献も含めて、移植を受けた患者と家族の絶望感と苦しみと勇気について知りたい方のみ、自己責任でご覧ください。

引用文献
*1 Lancet. 2014;384:2153–2163.
*2  http://news.harvard.edu/gazette/story/2011/05/first-u-s-full-face-transplant-patient/
*3 N Engl J Med 2012; 366:715-722.
*4  http://nyulangone.org/press-releases/surgeons-at-nyu-langone-medical-center-perform-the-most-extensive-face-transplant-to-date-first-in-new-york-state