日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > Gooday知っ得キーワード  > 失った顔を取り戻す「顔面移植」がもたらす幸福  > 3ページ目
印刷

Gooday知っ得キーワード

失った顔を取り戻す「顔面移植」がもたらす幸福

容貌だけでなく様々な機能も回復

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 ボランティア消防士は、日本の消防団の団員のようなもので、プロの消防士が消火を行っている間に、逃げ遅れた人を救助する活動などを行います。2001年9月、火事現場で救助活動を行っていたHardison氏の上に燃え盛る天井が崩れ落ち、同氏は、顔と頭皮、背中に大火傷を負いました。まぶた、耳、唇、鼻のほとんどと頭髪、眉を失ったHardison氏は、70回を超える形成手術を受けましたが、ゴムのマスクをかぶっているような容貌は改善しませんでした。

 そんなHardison氏に行われたのは、頭蓋骨を包むほぼ全ての組織をドナーのものと入れ替える、大規模な手術でした。ドナーの顎と頬と鼻の骨や、耳と耳の穴も移植されました。まぶたの移植とともに、瞬きを司る筋肉や神経が丁寧に接続されました。移植から3日目には瞬きが可能になり、頭髪が伸び始めました。その後もHardison氏は、日々回復しているようです。

免疫抑制剤を生涯服用するため、がんや感染症のリスクも

 移植を受けた患者は生涯にわたって、免疫抑制剤を使用し続けねばならず、移植された顔が何年間留まってくれるのかは不明です。免疫抑制療法は、生命を脅かす感染症のリスクを高め、腎機能の低下やがんを引き起こす可能性があります。容貌以外に健康には問題がない成人に、免疫抑制剤の継続的使用を強いる治療を行うことの是非についは、今も議論があります。

 それでも、予期せぬ出来事によって「人間には見えない顔」になり、度重なる形成手術に耐えつつ絶望感と孤独と闘う患者の、拒絶反応に対する不安や免疫抑制剤の副作用を抱えてでも「人波に紛れることができる顔」が欲しいという願いは、人間が社会的動物であることを痛感させます。顔面や陰茎の移植は、生命を救う医療や余命を伸ばす医療とは一線を画してはいますが、それらと同様に強く求められる医療なのだと思います。

 注)英語のサイトを対象にウェブ検索すると、患者さんの移植前と移植後の写真が出てくることがあります。下記の引用文献も含めて、移植を受けた患者と家族の絶望感と苦しみと勇気について知りたい方のみ、自己責任でご覧ください。

引用文献
*1 Lancet. 2014;384:2153–2163.
*2  http://news.harvard.edu/gazette/story/2011/05/first-u-s-full-face-transplant-patient/
*3 N Engl J Med 2012; 366:715-722.
*4  http://nyulangone.org/press-releases/surgeons-at-nyu-langone-medical-center-perform-the-most-extensive-face-transplant-to-date-first-in-new-york-state

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.