日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > Gooday知っ得キーワード  > 失った顔を取り戻す「顔面移植」がもたらす幸福  > 2ページ
印刷

Gooday知っ得キーワード

失った顔を取り戻す「顔面移植」がもたらす幸福

容貌だけでなく様々な機能も回復

 大西淳子=医学ジャーナリスト

「パパ、すごくハンサムになったね」

 どの患者も、命が助かったのはほとんど奇跡といえるような災難にあい、顔を失いました。皆、皮膚移植や形成手術を何十回も受けましたが、「人間らしい顔」にはなりませんでした。想像を絶する体と心の苦しみは患者本人とその家族の人生をすっかり変えてしまい、患者のほとんどは自宅に引きこもって、孤独と闘っていました。

 2011年3月に米国初の顔面全移植を受けたDallas Wiens氏についてはハーバード大学のニュースサイトHarvard Gazetteに詳しく報道されました(*2)。手術の詳細は論文発表されています(*3)。5月の退院時には、患者本人が医師チームと共に記者会見に出席しました。

 Wiens氏は2008年に、高所作業車に乗って教会にペンキを塗っている最中に電線に接触、顔面に大火傷を負って、目、鼻、唇を大きく損傷し、頭頂部の頭髪や、聴覚以外の感覚も失いました。何度も形成手術を受けましたが、口以外はすべて皮膚で覆われ、唇と歯を失った口は閉じることができなくなりました。十分な唾液が出ないために口から食べることは不可能で、会話も不自由でした。

 適合する脳死ドナーが現れたため、30人を超えるスタッフが15時間をかけて、頭頂部の頭皮も含む顔面の全て、すなわち、皮膚、顔の動きに必要な筋肉、運動神経と感覚神経、血管と、まぶた、顎、唇、鼻、鼻の骨や内部構造などをWiens氏に移植しました。血管を丁寧に接続したおかげで、移植した顔は生着し、まもなく患者は、移植された鼻から呼吸し、匂いを感じられるようになりました

 Wiens氏は術後に自分の指で顔面に触れ、凹凸があることに感動しました。4歳だった娘のスカーレットは、病室を訪れた際に氏の膝にのぼって顔に触れ、「パパ、すごくハンサムになったね」と言ったそうです。Wiens氏は記者会見で「これで自分の人生に戻れる。家族と過ごし、娘にとって良い父親になろうと思う」と語りました。

 Wiens氏の皮膚の感覚は、退院後となる術後4カ月後の時点で一部回復し、筋肉も動くようになりました。さらにその後、口から食べ、普通に会話できるようになりました。残念ながら視力は戻りませんでしたが、今は盲導犬が目の代わりをしているようです。

 Wiens氏の例は、顔面全移植により、機能的な回復と容貌の大きな修正が可能であること、移植は、患者のみならず、患者とかかわる全ての人を救うことを示しました。崩れてしまった患者の容貌は、家族を含む周囲の人の心にも影を落とします。それが態度となって現れると、患者の心持ちと行動を変えてしまいます。顔面移植は、患者と周囲の人の心の負担を大きく減らすことができます。

頭蓋骨を包むほぼ全ての組織を移植する手術も成功

 2015年11月16日に米国で、これまでで最も広範囲にわたる、最も困難な頭皮顔面全移植を成功させたという報告がありました(*4)。New York大学Langone医療センターの100人を超えるスタッフが、26時間をかけて行った移植の対象となったのは、元ボランティア消防士のPatrick Hardison氏でした。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.