日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > ストレスや不眠に役立つお茶成分「テアニン」って?
印刷

Gooday知っ得キーワード

ストレスや不眠に役立つお茶成分「テアニン」って?

ビジネスパーソンに欠かせない「〇〇力」も高めるって本当?

 村山真由美=フリーエディター・ライター

玉露やかぶせ茶、抹茶にはテアニンが多く含まれる。(©Brent Hofacker 123-rf)

 お茶の成分といえば「カテキン」が有名だが、このところ「テアニン」が話題になっているのをご存じだろうか。

 テアニンは主にお茶に含まれる旨み成分のアミノ酸だ。テアニンはお茶の木の根で作られ葉に移動する。また、日光に当たるとテアニンは渋み成分のカテキンになることから、カテキンの原料といえる。つまり、日光に当てる時間が短い玉露やかぶせ茶、抹茶などの高級茶にはテアニンが多く、日光に当てる時間が長い普通の煎茶や番茶はカテキンが多くなる。

 

 ちなみに、各種お茶の湯のみ1杯(80mL)当たり含まれるテアニンの量は、以下の通りだ。

湯のみ1杯(80mL)に含まれるテアニンの量
番茶3mg
煎茶10mg
玉露34mg
抹茶36mg
太陽化学調べ

テアニンにはリラックス効果がある

 テアニンの機能性に詳しい太陽化学ニュートリション事業部の小関誠さんによると、テアニンを50mgや200mg摂取すると、30分〜1時間後に脳波にα波が出るという研究があるという。α波はリラックスした気分のときに出るため、リラックスしているかどうかのひとつの指標になるそうだ。

 また、テアニンは自律神経系へも働きかけ、緊張やストレスがあるときに働く交感神経を抑制することが分かっているという。

 こういったリラックス効果から派生して、さまざまな健康効果が期待できるといわれている。

 まずは、ストレスの緩和だ。「12人に計算テストなどで故意にストレスを与える実験を行ったところ、テスト前にテアニン200mgを摂取した群は、偽成分をとった群に比べ、心拍数やだ液中のストレスホルモンの指標が有意に低い結果が出ました。心拍数の減少はテアニンが交感神経を抑制する働きによるものと考えられます。また、被験者のアンケートによると、テアニンを飲んだときのほうが、ストレス感が緩和されたという結果が得られました(*1)」(小関さん)。

 また、睡眠の質を改善する効果も期待できる。「22人に就寝前にテアニンを200mg摂取してもらう実験を行ったところ、テアニンを摂取した群は、偽成分をとった群に比べ、起床時に疲労回復感を得られたり、昨夜は長く眠れたと感じたりした度合いが高い結果になりました。2つの群は睡眠時間が同じにもかかわらずこうした結果が得られているので、テアニンの摂取により睡眠の質が上がったと考えられます(*2)」(小関さん)。

 さらに、テアニンはビジネスパーソンに嬉しい働きがある。いい仕事をするのに欠かせない「〇〇力」を高めてくれるというのだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.