日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday知っ得キーワード  > 義務化された「ストレスチェック」って何?
印刷

Gooday知っ得キーワード

義務化された「ストレスチェック」って何?

調査票に自分で記入。結果は本人に直接通知

 梅方久仁子=ライター

 職場のストレスによるうつ病など、精神疾患の労災認定が年々増えている。その対応策のひとつとして労働安全衛生法が改正され、2015(平成27)年12月から、1年に1回以上「ストレスチェック」の実施が事業者に義務づけられた。現時点では従業員数50名未満の事業所は対象外だが、厚生労働省は2020年には実施率を100%にしたい意向だ。

 ストレスチェックは、仕事によるストレスの程度を把握してメンタルヘルスの不調を予防しようというもので、いわば心の健康診断だ。といっても医師などの診察を受けるわけではない。基本的には、対象者が調査票に記入したものを実施者が集計して解析し、どの程度ストレスが高いかを評価する。

結果は本人へ直接通知

 調査票に自分で記入するとなると、どこまで正直に書けるかが問題だ。その点、制度として、個人情報の保護にはかなり気が使われている。

 ストレスチェックを実施する「実施者」は、医師または保健師、あるいは研修を受けた看護師または精神保健福祉士といった専門家に限られる。対象者の人事監督権を持つ人事部員や上司は、たとえ医師や保健師の資格があっても、実施者にはなれない。実際には、産業医、産業保健師、委託された外部機関などが実施することになるだろう。

 実施者は解析結果を、会社の上司などの「事業者」ではなく、直接「本人」に通知する。高ストレスと判定された人には、医師による面接指導を受けるため事業者への申し出を勧めるが、本人の承諾を得ずに事業者に結果を連絡することはできない。

 事業者は、対象者から申し出があれば、医師による面接指導を受けさせる必要がある。そして、面接指導後には医師の意見に基づいて、労働時間の短縮など、労働環境の改善を行わなければならない。面接指導の申し出があったことで、労働者に不利益な扱いをすることは禁止されている。

ストレスチェック制度の流れ
(厚生労働省発行の周知リーフレットより抜粋)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.