日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 今こそ受けよう、がん検診  > 自治体と人間ドックのがん検診、何がどう違う?  > 3ページ目

今こそ受けよう、がん検診

自治体と人間ドックのがん検診、何がどう違う?

自治体検診の目的は「死亡率低下」、人間ドックは「早期発見」

 田村 知子=フリーランスエディター

今の自分の「がんのリスク」は分かる?

 国立がん研究センターがん予防・検診研究センターでは、がんをはじめとする生活習慣病と、日本人の生活習慣との因果関係について、過去20年間にわたって調査・研究を実施してきました。これを元に、どのような生活習慣が、がんなどの病気につながりやすいか、また逆に、病気につながるリスクを下げられるかを、簡便なチェックリストに答えることで知ることができる「がんリスクチェック」を2011年に開発し、ウェブサイト上で公開しています。

 「がんリスクチェック」にはこれまで、「がんと循環器の病気リスクチェック」「大腸がんリスクチェック(男性のみ)」「脳卒中リスクチェック」がありましたが、2015年6月には、新たに「5つの健康習慣によるがんリスクチェック」が追加されました。

「5つの健康習慣による がんリスクチェック」
「5つの健康習慣による がんリスクチェック」

 「5つの健康習慣によるがんリスクチェック」は、「喫煙」「飲酒」「肥満度(BMI)」「食習慣(塩分摂取)」「運動習慣」の5つの健康習慣をもとに、今後10年間にがんにかかるリスクを算出するものです(対象は45歳から74歳の男女)。

 現在の生活習慣を続けた場合に、今後10年の間にがんにかかる危険度が分かるだけでなく、実践している健康習慣の数と組み合わせが変わると、どの程度リスクを下げられるかのシミュレーションもできます。

 「自分ががんにかかるリスクや、生活習慣の改善によるリスクの低下度が目で見て確認できると、行動変容につながりやすくなります。ぜひ、こうしたツールを活用して、自身のがんのリスクチェックや生活習慣の見直しに役立ててください」(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター予防研究部部長 の笹月静さん)

 監修/笹月静さん(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部部長、医学博士)

第2回(2015年10月22日公開予定)も引き続き、がん検診の基礎知識をまとめます。
斎藤博(さいとう ひろし)さん
国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 検診研究部部長
斎藤博(さいとう ひろし)さん 群馬大学医学部卒業。弘前大学助教授を経て、2008年から現職。2003~2008年には厚生労働省「がん検診のあり方に関する検討会」にて構成員を務めている。専門分野はがん検診の有効性評価および精度管理。
笹月 静(ささづき しずか)さん
国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部長
笹月 静(ささづき しずか)さん 1996年熊本大学医学部卒業、2000年九州大学大学院予防医学講座博士課程修了、同年4月より国立がん研究センターリサーチレジデント。研究員、室長を経て2013年より現職。

先頭へ

前へ

3/3 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.