日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリング初心者が覚えたい、ホールドの効果的な持ち方

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリング初心者が覚えたい、ホールドの効果的な持ち方

第4回 ホールドの代表的な持ち方と名称

 大谷珠代=日経Gooday

前回の記事で、ボルダリングのルールと基本の動きをステップ1からステップ4に分けて紹介したが、今回はステップ5として「ホールドの持ち方」について解説する。

 ホールドの持ち方(あるいは形状)には名前がついている。それらを早い段階で覚えたほうが、ジムの人などに指導してもらう時に、「あそこをピンチ持ちして」「あのガバを狙って」などと言われた際も理解しやすく、上達しやすいので、代表的な持ち方やホールドの名称は早い段階で頭に入れよう。

※ステップ1~4をご覧になりたい方は下記の見出しをクリックしてください。
初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

【ステップ5】ホールドの効果的な持ち方を覚える

(1)ガバ、ガバ持ち

[画像のクリックで拡大表示]

 ホールドの上から指全体を使ってガバっと持つ、ホールドの基本の持ち方。大きくえぐれていて持ちやすいホールドはこのような持ち方をする。


(2)アンダー

[画像のクリックで拡大表示]

 下からすくうようにして持つ方法。下側が大きくえぐれているホールド(アンダーホールド)ではこの持ち方をする。つかんだらホールドが腰の位置に来るように足の位置を上げ、腰を引き上げると体が安定しやすい(アンダーホールドを持ったときの姿勢については、2ページ目一番下の写真をご参照ください)。


(3)サイド

[画像のクリックで拡大表示]

 ホールドの上からでも下からでもなく横から持つ方法。指をかけるサイド(写真では右側)とは逆方向(写真の場合は左側)に体重をかけると安定しやすい。


(4)ポッケ、ポケット

[画像のクリックで拡大表示]

 指をポケットのように開いた穴に引っ掛けて持つ方法。


(5)ピンチ持ち

[画像のクリックで拡大表示]

 親指と残りの指でつまむようにして挟む持ち方。両側に指が引っかかり両サイドから挟めるタイプのホールドは、ピンチ持ちをする。ホールドの向きは縦の場合も横の場合もある。親指に力を入れると保持力が上がりやすい。


次ページ
(6)カチ持ち

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.