日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > 初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き  > 4ページ目

尾川とも子のボルダリング入門

初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

第3回 ボルダリング上達に欠かせない基本の動き

 大谷珠代=日経Gooday

(2)二等辺三角形を意識する

 登っているときは、ホールドを頭の少し上のあたりで持ち、足を肩幅より少し広い程度に開き、体が二等辺三角形になるようにする(下の写真参照)。

 基本の動きは、「右手を出すときは右足を上げ、左手を出すときは左足を上げる」。右手で上方にあるホールドをとるときは、右足を上方のホールドに置いて体を押し上げ、狙ったホールドを右手でつかんだ後、左足を三角形のバランスを保てるような場所に置くといい。

 上記のように、手、足、手、足と出していくことで、三角形を保ちながら、足で体を押し上げて登ることができ、手の負担も軽くできる。

 足自由の場合、足は、乗せやすいホールドを選んで乗せる。小さすぎるホールドや滑りそうなホールドはなるべく選ばないようにする。三角形の形が多少崩れても足を乗せやすいホールドを優先させたほうがよい。

 また、登る時は、腕が伸びるように(肘が曲がらないように)体を壁から離し、壁と体に空間ができるようにしておくと、腕に負担がかかりにくい。また、足も上げやすい。体と壁が常にくっついていると、腕が曲がり、常に懸垂、もしくは腕立てのような状態になり、疲れてしまう。

体のバランスが「二等辺三角形」になるよう意識!
体のバランスが「二等辺三角形」になるよう意識!
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.