日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > 初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き

第3回 ボルダリング上達に欠かせない基本の動き

 大谷珠代=日経Gooday

プロクライマーで本連載の講師の尾川とも子さんへのインタビュー準備体操と紹介してきた本連載、いよいよ今回からボルダリング実践編に入る。まず覚えたいのは、ボルダリングのルールと基本の動きだ。まったくの初心者がボルダリングに挑戦する際、どのようなステップを踏むと分かりやすく、かつ上達しやすいかを考え、尾川さんが普段講座などで指導しているのと同じ順番でルールや基本の動きを紹介していく。基本をしっかり押さえられるかどうかが今後の上達のポイントになる。

【ステップ1】まずはとにかく上に登ってみる

 ボルダリングジムに行くと、壁に大小様々な石がくっついているが、この石を「ホールド」と呼ぶ。ボルダリングはこのホールドを使って壁をよじ登っていくスポーツだ。

 最初は登りやすそうな壁を選び、どんな登り方でもいいので、手でつかみやすいホールドや足をのせやすいホールドを使って、とにかく上まで登ってみよう。こうしてホールドをつかむ感覚を覚えると同時に、シューズが足に合っているかどうかなどを確認する。

 上まで登り切った後の降り方は前回紹介した通り。一番上から飛び降りるのではなく、ある程度のところまでホールドを使って下がってから壁の途中で飛び降り、膝のクッションを使いながら両足で着地しよう。

【ステップ2】基本ルールを覚え、初心者コースを登ってみる

 壁に近づいてよく見ると、一つひとつのホールドのすぐ近くに様々な色のテープが張られ、テープには数字もしくは■や△などの記号、「S」「G」といったアルファベットが書かれているのが分かる。

 「スタート」もしくは「S」と書いてあるのがスタート時に持つホールド、「ゴール」または「G」と書いてあるのがゴール時に持つホールドで、ボルダリングでは、スタートからゴールまで、同じ色、同じ数字(あるいは記号)のホールドだけをつかんで登る。たとえば青色の「3S」からスタートしたら、手で使うのは青の「3」に限定され、青の「3G」を目指すといった具合だ。スタートからゴールまでのコースのことを「課題」と呼ぶ。

スタート用のホールドには「スタート」あるいは「S」と書いてあることが多い。
[画像のクリックで拡大表示]
青色の「3」の課題を選んだら、写真上の丸で囲んだホールドしか手で持ってはいけない。
[画像のクリックで拡大表示]

 スタートとゴールは必ず両手で持つのがルールだ。なお、足を置くホールドについては自由になっている場合(足自由)と、手で持つのと同じ色、数字(あるいは記号)に限られる場合(手足限定)の二通りがある。初心者向けの課題では、足自由が多い。

スタート時には「スタート」「S」などと書かれたホールドを両手で持つ。ゴールは「ゴール」「G」と書かれたホールドを両手で持つ。
[画像のクリックで拡大表示]

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.