日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > 東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?  > 2ページ
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?

第1回 プロクライマー・尾川とも子さんに聞くボルダリングの魅力

 大谷珠代=日経Gooday

 そうしてご対面した尾川さんは、動画や書籍で見た印象よりずっと小柄で可愛らしい、そして、ぱっちりした目とよく通る声、日焼けした肌が印象的なさわやかな女性だった。ゴールに到達した時の達成感や、ゲームのような楽しさから、ボルダリングにハマって16年。今では1歳の男の子の母親だが、ボルダリングを続けているのはもちろん、妊娠中、出産予定日を過ぎてからも登っていたという逸話の持ち主だ。

 そんな尾川さんに、ボルダリングをやってみたいと思っている人が、最も不安視しそうなことからまず聞いてみた。

インタビューに応じてくれる尾川さん
[画像のクリックで拡大表示]

運動オンチで筋力がなくても、登れるようになる?

いきなりこんな話で恐縮ですが、たとえば、この私(編集部O:40代)は運動神経が悪いうえ、腕立て伏せもできないくらい筋力も弱い人間です。そんな非力な女性や、運動オンチな人でも、ボルダリングで上達して、尾川さんのようにとは言わないまでも、手前に傾いた前傾壁や岩場を登れるようになるでしょうか?

尾川 もちろん大丈夫(ニコッ)! ボルダリングは、はしごに登れる体力があれば、年齢や性別に関係なく楽しめるスポーツです。1年あれば、一番簡単なレベルだったら前傾壁も十分狙えますよ。

 私がジムで講師をしていたときも、3歳の子どもから78歳のお年寄りまでレクチャーしていたほど。確かに筋力があり、リーチ(腕の長さ)が長い人は遠くまで届き一見有利ですが、体の重さがネックになることがあります。逆に、筋力が強くない女性でも、体重の軽さや柔軟性を生かして登ればいいし、手が小さければ小さいホールド(壁に付けられた大小の突起)をつかむのに有利。自分の個性を生かして、楽に登る方法を見つければ、必ず上達しますよ。

それは心強いお話です。ただ、それは練習をこまめにすることが前提ですよね? 日経Goodayの読者の方には働いている方が多くいますが、仕事をもっていると思うように時間がとれず、月にせいぜい2~3回しか練習できないと思うんです。そんな人でも上達するのでしょうか?

尾川 趣味でやっている方の多くは大体そのくらいのペースですよ。ボルダリングの壁の傾斜は、施設にもよりますが80~160度くらい。90度が垂直な壁なのに対し、80度は奥に10度傾いた壁、100度は手前に10度傾いた壁を指します。ボルダリングで何を目指すかにもよりますが、例えば前傾壁に興味があるなら、月2回くらい1年間練習すれば、130度くらいは目指せると思いますよ。ジムの中だけで飽きたらず外岩を目指す人もいますが、その場合も、5級レベルくらいなら行けるのでは…。

ちなみに、135度でこのくらいの角度です。登っているのが尾川さん。
[画像のクリックで拡大表示]
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.