日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリング攻略の要はオブザベーションにあり  > 4ページ目
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリング攻略の要はオブザベーションにあり

第10回 ボルダリング上達のために覚えたいオブザベーションのコツ

 鶴見佳子=フリーライター

「アンダーホールド」のトリックに注意!

 ちなみに、ルートの途中に下の写真のCのような「アンダー」のホールドがある場合、オブザベーションの際に、そのトリックに引っかからないように注意したい。

[画像のクリックで拡大表示]

 ご存じの通り、アンダーホールドは下から持って、体を持ち上げる動きをする。体を持ち上げる分、自分がイメージしている以上に遠くのホールドに手が届くのが特徴だ。上の写真で言うとAとCは、それだけ見ているとかなり離れているように見えるが、Cがアンダーなので下の写真のように楽々届く距離にある。

 自分の体のリーチが壁のパネル何枚分かなどをあらかじめ頭に入れておき、ルート上にアンダーホールドがある場合は、リーチの長さという、アンダーホールドの強みを最大限に生かすルートを検討するのもまた、オブザベーションのポイントだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つアンダーについて頭に入れておきたいのは、アンダーは、写真のように、いったん高い位置にあるホールドをつかんでから下方にあるアンダーをつかむほうが楽なことが多いということ。

 登っている途中で目の前に現れるとつかみたくなるが、自分の体より上にあるアンダーはつかんでも上に上がるのには使えなかったり、使うと余計に難しくなってしまう場合が多いので、「後から使おう」と考えるようにしたほうがうまくいくことが多い。

 いずれにしても、「逆算」してオブザベーションを考えてみることで、無理のない、より的確なルートを検証できるので、ぜひトライしてほしい。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.