日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリング攻略の要はオブザベーションにあり  > 2ページ目
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリング攻略の要はオブザベーションにあり

第10回 ボルダリング上達のために覚えたいオブザベーションのコツ

 鶴見佳子=フリーライター

【持ち替え】~2番目のホールドが両手で持てそうな形の場合の有力候補
2番目のホールドをまず右手で取って(写真左)、同じホールドに左手を持ってくる(中央)。その上で右手を3番目のホールドへ(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 前ページの写真のような三つ並びの場合、2番目のホールドが持ちやすそうな形をしている点に注目してみよう。指をしっかりかけられるだけの窪みがあり、両手で持てそうなだけの幅もある。

 こんなときは、1つ目のホールドを左手で持ったまま、まず右手で2番目のホールドを取る(写真左)。体が二等辺三角形を維持できるよう足を動かし、次いで左手も2番目のホールドに移動して添える(中央)。その後、右手で3番目のホールドに向かう(右)。順に手を送り込み、持ち替えていくのだ。

 これが「持ち替え」という技だ。この「持ち替え」は、次のホールドがある程度大きくて、持ちやすい形であることが必須条件となる。

【クロス】~2番目のホールドを両手で持ちにくそうな場合の有力候補
[画像のクリックで拡大表示]

 上の写真の緑色のホールドのように、2番目のホールドの表面がつるつる滑りやすく、片方の手の指しか引っかけられそうにない場合は、両手を使う「持ち替え」はできない。

 そんな場合は、1番目のホールドを右手で持ったまま、左手で2番目のホールドを取り(下の写真中央)、そのうえで、3番目のホールドを右手でつかもう(右)。途中で右手と左手を体の前でクロスさせることから、この動きを「クロス」と呼ぶ。

2番目のホールドを左手で取った後(写真中央)、右手で3番目のホールドを取る。手を体の前で交差させるので「クロス」と呼ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
【とばし】~2番目のホールドが小さくてしっかり持てそうにないときの有力候補
[画像のクリックで拡大表示]

 2番目のホールドが小さくて指の先を引っかけるほどの浅いポケットしかない場合は、「持ち替え」はもちろん「クロス」もやりにくそうだと推量できる。

 そんなときは、3段飛びのように2番目のホールドは右手で引っかけるだけにし(下の写真中央)、すぐに手を離して勢いをつけて3番目に飛び、同じ右手で取る(右)。これが「とばし」という技だ。

右手の指先で2番目のホールドを取った後、そのまま勢いをつけて、さらに右手で3番目のホールドを取る
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、2番目のホールドから3番目への距離が遠く離れていれば、同じ手では届かないので、「とばし」ではなく、「クロス」を選択する。

 また、2番目のホールドが縦長のいわゆる「ピンチ」や「サイド」と呼ばれる形状をしている場合も(ホールドの形状についてはこちらをご覧ください)、「クロス」はやりにくいため「とばし」が有力候補となる。

 このように「持ち替え」「クロス」「とばし」3つのどれを選ぶかは、先にあるホールドの形である程度判断がつく。とはいえ、ホールドの位置によっても変わってくるため、慣れるまでは試行錯誤を繰り返すしかないが、3つあるパターンのどれが有力候補か、その次にトライするとしたらどれかといったことを絞り込めるようになれば、それだけ登る時間を短縮できて体力も浪費せずに済む。

 それができるようになるためにも、地上でオブザベーションをしているときに、どの動きでホールドを取るかをシミュレーションしたうえで、実際にオブザベーション通り攻略できるかを試してみよう。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.