日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリングの基本ムーブをマスターする  > 4ページ目
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリングの基本ムーブをマスターする

第9回 静的・動的を使い分けて戦略的に登る

 鶴見佳子=フリーライター

静的と動的の中間派「デッドポイント」

[画像のクリックで拡大表示]

 左の写真にように、ホールドは手の届きそうな範囲にあるのに、足を今の位置から離せないし、両手も離せない――といった、にっちもさっちもいかない場面に出くわすこともある。

 そんな時は、次のホールドまでの距離を見極め、壁から体をいったん離してためをつくった後、一気に体を引き寄せつつ手を壁方向・上方向に動かし、体が落ちる寸前に次のホールドをつかむ。

 これが、静的と動的の中間派、「デッドポイント」というムーブだ。

写真左は、にっちもさっちもいかず、壁に体が張り付いた状態。落ちそうだが、いったん体(特に上半身)を壁から離してみる(中央)。すると腕の伸びるので、その分“ため”ができる。そこから体を壁に向かって一気に引き寄せ、壁に体が最も近付いた瞬間に右手をホールドから離し、上方のホールドをつかみとる(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

 ホールドをつかみ損ねるとそのまま下に落ちてしまうので、初心者には、怖いテクニックに思えるかもしれない。だが、ボルダリングの核心(課題の中で特に難しい部分)のほとんどがデッドポイントと言っていい。

 「そのためデッドポイントを制する者はボルダリングを制すると言われるくらいです」と尾川さん。デッドポイントをうまくできるようになるには、練習あるのみだ。

 右利き、左利きの違いはあるだろうが、日頃から片手だけで(もう一方の手で体を支えない状態で)ホールドをつかみ、その手を一瞬離して上方のホールドをつかみにいくといった練習をしておこう(下の写真)。

 ホールドまでの距離を見定め、ホールドを取るタイミングを予測することが大事なので、何度も繰り返して練習し、デッドポイントのタイミングを体に染み込ませる。

デッドポイントの練習。片手でホールドを持ったまま体をいったん壁から離し(左から2番目)、体を壁方向に一気引き寄せる(3番目)。体が最も壁に近づいた瞬間に、手をホールドから離して上方向に延ばしてホールドをつかむ(右端)。ホールドをとり損ねると下に落ちるので、壁の低い位置で行うこと。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ボルダリングではアプローチの仕方がたくさんあり、どれが正解というわけではありません。自分がどんな選択をするのか、その時々でベストな選択ができればいい。そのためにも基礎技術を蓄えていくことが大切」と尾川さんは話す。


(写真:水野浩志)

(衣装協力:アディダスジャパン、ネルソンクライミングジャパン〔MAD ROCK Flash 2.0〕/ 撮影協力:ボルダリングジムHAGO〔大阪府吹田市〕)

■尾川とも子のボルダリング入門
第1回 東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?
第2回 ボルダリングを安全に楽しむ!お薦め準備体操とNG行動
第3回 初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き
第4回 ボルダリング初心者が覚えたい、ホールドの効果的な持ち方
第5回 ボルダリングシューズ、初心者は「痛くない」を重視して!
第6回 ボルダリングで次のホールドに手が届かないときの対処法

尾川とも子(おがわ ともこ)さん
プロクライマー
尾川とも子(おがわ ともこ)さん 宇宙飛行士を目指して進学した早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。在学時の2000年、国体山岳競技に誘われたことがきっかけで、クライマーの道に。2003年、2006年には「Asian X-games」で優勝。その後は自然界の岩場へのチャレンジに魅力を感じ、2008年4月に日本人女性初となる難度V12を達成。2009年秋から女性では前人未到の難度V14の岩に挑み始め、2012年10月に完登した。
ブログ:尾川とも子のはーとふるボルダリング

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.