日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ホールドの特徴を知ってボルダリングの技術UP  > 2ページ目
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ホールドの特徴を知ってボルダリングの技術UP

第8回 ホールドの使い方を掘り下げて

 鶴見佳子=フリーライター

難しいホールドを持つときは?~アンダーは腰の位置でもつ

[画像のクリックで拡大表示]

 下向きのホールド「アンダー」は、手のひらが上に向くようにして、下から引き上げて持つ。腰の位置でアンダーホールドを持つと安定するので、ホールドをつかんだら早く体を持ち上げて足の位置を高くする。

 アンダーをつかんだら玄関のシャッターを開ける時のように、体を押し上げるのがコツだ。

アンダーを持つときに体が下のほうにあると写真左のような状態になってホールドをがっちりつかめず、体が安定しない。ホールドをつかんだら、玄関のシャッターを開けるときのように力を入れ、腰の位置にホールドが来るように体を持ち上げる(写真右)。このとき、体と壁の間に空間をつくらないほうが安定する。
アンダーを持つときに体が下のほうにあると写真左のような状態になってホールドをがっちりつかめず、体が安定しない。ホールドをつかんだら、玄関のシャッターを開けるときのように力を入れ、腰の位置にホールドが来るように体を持ち上げる(写真右)。このとき、体と壁の間に空間をつくらないほうが安定する。
[画像のクリックで拡大表示]

難しいホールドを持つときは?~内側向きのホールドにはガストン

[画像のクリックで拡大表示]

 傾いた縦型のホールドの場合、左手で持つときは左側の辺、右手で持つ場合は右側の辺をつかむのがベスト(最も力が入りやすい)で、そのような持ち方を「順手」と呼ぶが、ときには「逆手」、つまり、左手で右側の辺、右手で左側の辺を持たなくてはならないこともある。そのような持ち方を「ガストン」という。

左手で右の辺(写真左)、右手で左の辺をもつ(写真右)のがガストン。親指は下に来る。
左手で右の辺(写真左)、右手で左の辺をもつ(写真右)のがガストン。親指は下に来る。
[画像のクリックで拡大表示]

 順手の場合は親指が上側に来るが、ガストンの場合は親指が下に来て、脇が開き、壁と体はくっつくようにする。両手がガストンになると、観音開きの扉を開けるときのようなイメージで、内側から外側に向かって力を入れながら、体を持ち上げる。

 なお、ガストンの際は、足はガストンをしている側とは違うほうの足を上げるのが鉄則。そうしないと体のバランスが崩れてしまう。

(写真:水野浩志)
(衣装協力:アディダスジャパン、ネルソンクライミングジャパン〔MAD ROCK Flash 2.0〕/ 撮影協力:ボルダリングジムHAGO〔大阪府吹田市〕)

■尾川とも子のボルダリング入門
東京五輪で注目のボルダリング、運動オンチの40代でも楽しめる?
初心者必見!ボルダリングのルールと基本の動き
ボルダリングシューズ、初心者は「痛くない」を重視して!
ボルダリングで次のホールドに手が届かないときの対処法

尾川とも子(おがわ ともこ)さん
プロクライマー
尾川とも子(おがわ ともこ)さん 宇宙飛行士を目指して進学した早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。在学時の2000年、国体山岳競技に誘われたことがきっかけで、クライマーの道に。2003年、2006年には「Asian X-games」で優勝。その後は自然界の岩場へのチャレンジに魅力を感じ、2008年4月に日本人女性初となる難度V12を達成。2009年秋から女性では前人未到の難度V14の岩に挑み始め、2012年10月に完登した。
ブログ:尾川とも子のはーとふるボルダリング

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.