日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 尾川とも子のボルダリング入門  > ボルダリングで次のホールドに手が届かないときの対処法
印刷

尾川とも子のボルダリング入門

ボルダリングで次のホールドに手が届かないときの対処法

第6回 体の向きを変えてみよう

 鶴見佳子=フリーランスライター

体が壁に対して正面を向いた体勢のまま、「手→足→手→足」の順で、はしごを登る要領で登っていくのがボルダリングの基本。これを何度も繰り返して練習するうちに、筋力がついてくる。登ることに慣れてきたら、次は体をひねって、体の向きを変えることを覚えてみよう。これができると、より遠くのホールドをつかみやすく、そして格段に登りやすくなる。

ホールドに手が届きそうにない場合は?

お腹の面と壁が向かい合っている基本の体勢のままでは、次のホールドに届かない。そんなときはどうすればいい?
[画像のクリックで拡大表示]

 次のホールドが遠くにあり、お腹の面と壁が向かい合った体勢のままでは、普通に手を延ばしても届きそうにない場合はどうしたらいいだろう。

 まず試したいのは、「右手を出すときは右足を上げ、左手を出すときは左足を上げる」という基本の動き。たとえば右手が届かないときは、右足を上げてみる。そうすることで、お腹の面と壁が向かい合った体勢のまま解決する(次のホールドに手が届く)ことは結構ある。

 しかし、それだけではなかなか届かない位置にホールドがある場合、もしくは、片手をうまく離すことができずに次の一手が出せない場合などはどうしたらいいだろう…。

 そんなときは、お腹と壁が向かい合わせ(平行)になった状態から脱却して、お腹の面と壁面が垂直になるように体を90度ひねってみよう

こうすれば届く!
「まず足を移動→体をひねる→次のホールドに向かって手を伸ばす」の順で体を動かす。冒頭の写真のような場合、右手を伸ばすので、まず両足を頭から真下に延びる中心線より左側に移動させたうえで、お腹が左を向くように体をひねって、手を伸ばす。伸ばさない方の手はホールドの傾きに対して垂直の方向に力が働くように持ち、ホールドの傾きとお腹の傾きが平行になるようにすると安定する。
[画像のクリックで拡大表示]

 その際、右手を出したいときは、まず足を頭から真下に延びた中心線より左側に移動させたうえで、左にお腹が向くよう右肩を壁に近づけて体をひねる。左手を出したいときは、足を体の中心線より右側に移動させた後、右にお腹が向くよう左肩を壁に近づけて体をひねる(すぐ上の写真を参照)。

 ちなみにこれは、今持っているホールドが右斜め上か左斜め上から持つタイプのホールドの場合の(つまり、アンダーやサイドでない場合の)体のひねり方だ。ホールドの傾きに合わせて体を傾ける必要があり、ひねった後にお腹が向く側に両足を動かしていかないとバランスが悪くなるため、あらかじめ足を動かす必要がある。

 一体どこに足を動かすかというと、基本の体勢では二等辺三角形の底辺の両端に足があるが、その場所から体の中心線よりお腹側(ひねったあとのお腹側)に両足を移動させるとよい。

 まとめると、まず足を移動→体をひねる→次のホールドに向かって手を伸ばすの順になる。

 また、下の手(出さない方の手)はホールドを最も力が働く方向につかみ(※)、ホールドの傾きとお腹の傾きが平行になるようにすること(ホールドの手で持てる場所が10時の位置の場合、おへそも10時の方向に向くようにするといい)。そうすると体が安定し、片手を離して次の一手を出せるようなる。

 体をひねることでなぜ手が届くようになるかというと、お腹と壁が向かい合っているときより体と壁との隙間が埋められ、その分リーチが伸びるためだ。

※ホールドといっても形は実にいろいろで、あちこちに向いて設置されている。そして、ホールドの持ち方で「最も力が働く方向」が決まる。たとえば、上からホールドを持てる場合は「真下の方向」に、左手でホールドの左上の辺(たとえば10時の場所)を持てる場合は「右斜め下の方向」(4時の方向)に力が働く。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.