日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 三浦豪太さんが指南! 初めての山登り  > 簡単な筋トレで速筋を鍛えて、「山下り」に備えよう
印刷

三浦豪太さんが指南! 初めての山登り

簡単な筋トレで速筋を鍛えて、「山下り」に備えよう

第3回 お金をかけるべきは、登山靴よりレインウエア

 高島三幸=フリーライター

エベレスト登頂経験もあるプロスキーヤーの三浦豪太さんに、「初めての山登り」のイロハを指南していただくこの特集。エクササイズとしての山登りの効用を尋ねた第1回(「教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?」)、ラクな登山のコツを伝授してもらった第2回(「豪太さん、疲れない山登りのコツを教えてください!」)に続き、最終回は、登山準備編をお届けする。

前回はラクに山を上り下りする方法や、山登りのための栄養・水分補給について伺いました。最終回は、準備について教えてください。今、全く運動していない人は、登山に向けて何かトレーニングを始めた方がいいでしょうか。

「筋肉はいくつになっても鍛えられます。下半身を鍛えることは老化予防にもつながるので、山に登らない人も筋トレはぜひしてほしいですね」(撮影:深田高一)

豪太さん 目指す山のレベルにもよりますが、全く運動しないよりは、できれば、日常生活でできる運動を始めていただきたいですね。

 山ガールブームで最近は若年層も増えていますがが、登山愛好家の7割は中高年といわれています。その比率を反映するように、事故が多いのも中高年。しかも上りではなく下りでの事故が多いんです。山を下る時に使う筋肉を、日常生活の中で無理なく鍛えられれば、登山もラクになるし、何よりも事故やケガ防止になります。

具体的にはどの辺りの筋肉を鍛えればいいでしょうか。

豪太さん 登山は全身の筋肉を使いますが、腹筋、背筋といった体幹周りはもちろん、ハムストリングス(太ももの裏側)や大腿四頭筋(太ももの表側)、臀部などを特に鍛えていただきたいと思います。

下山の筋肉はスクワットと階段で鍛える

どのようなトレーニングがありますか。

豪太さん スクワットなどが効果的ですね。富士山を下山すると、クォータースクワット(腰を落とした時に大腿が地面と水平になる手前で止めるスクワットのこと。膝を最大限曲げる「フルスクワット」の4分の1程度の角度であるためこう呼ばれる)を500回行うのと同じぐらい筋肉にストレスがかかるといわれているんです。もちろん、普段の生活で500回もスクワットはできませんが、できる範囲で始められればいいと思います。

 スキーや登山など、私が経験してきた様々なスポーツの動きから考案した、家でできる簡単なエクササイズがあります。「ワオ!体操」と呼んでいるんですが、これも、第1回でお話した、下りの動きに必要な速筋(強い力を素早く発揮する筋肉)のトレーニングになります。

 速筋は加齢とともに衰えやすいので、登山をする人もしない人も、ぜひ日常生活に取り入れてほしいです。速筋を鍛えれば痩せやすい体になりますし、サルコペニア(加齢によって筋肉量が減り、転倒リスクが高まる現象)を防ぎ、若々しい体になります。

では早速、具体的なエクササイズを教えてください!

豪太さん まずはスクワットです。スクワットといっても、ジムにあるようなウエイト器具を担いで行うハードなものではありません。家で簡単にできる「シーテッド・スクワット」をご紹介します。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.