日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 三浦豪太さんが指南! 初めての山登り  > 教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?  > 4ページ
印刷

三浦豪太さんが指南! 初めての山登り

教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?

第1回 筋肉の老化予防には「下り」の運動が最適だった!

 高島三幸=フリーライター

下りに使う速筋繊維は年齢と共に衰える

うーん、なんとなく理解できましたが、下りに、短距離選手が使うような速筋繊維を使うということが、まだよくイメージできません…。

豪太さん 下りではブレーキをかけて筋肉を伸ばすときに大きな力を必要とします。でも、上りのように上に物を持ち上げる必要はないので、エネルギー消費はほとんどありません。だから、持続力はないものの、瞬間的に大きな力が発揮できる速筋繊維が役に立つんです。

 ちなみに、遅筋繊維は歳をとっても衰えにくいのですが、速筋繊維は加齢によって衰えていきます。高齢者がつまずいたり、転んだりする「サルコペニア」という症状をいかに予防するかが最近注目されていますが、サルコペニアにはこの速筋繊維の損失が大きく影響しています。だから、ある程度、筋肉を鍛えないと、上手く下れません。登山でのケガのほとんどが下りで転ぶことによって起こるのはこのせいです。逆に言えば、登山をすれば、この遅筋繊維と速筋繊維がバランスよく鍛えられるので、加齢による転倒を防ぐことができるんです。

 年齢による体の衰えを感じている中高年の方は特に、「山登り」よりも「山下り」の効用に注目してもらいたいですね。

なるほど~。下りってそんなに重要だったんですね。転倒を防ぎ、できるだけラクに登山をするためにも、普段から速筋を鍛えるなどの準備をした方がいいのでしょうか。

豪太さん そうですね。歳をとっても筋肉は鍛えれば鍛えるほど強くなります。ジムなどに通わなくても普段の生活の中で簡単に速筋を鍛えられる運動があります。それについては第3回でご紹介するとして、次回(2015年9月17日公開予定豪太さん、疲れない山登りのコツを教えてください!」)は、山をラクに登るためのコツと心得をご紹介しましょう。

三浦豪太さん
プロスキーヤー、冒険家、博士(医学)
三浦豪太さん 1969年、神奈川県鎌倉市生まれ。米国ユタ大学卒業。フリースタイルスキーのモーグル日本代表として94年リレハンメル五輪、98年の長野五輪に出場。現在は解説者としても活躍し、2014年ソチ五輪では名解説が話題に。2013年、父・三浦雄一郎氏の世界最高齢(80歳)でのエベレスト登頂に同行し、親子同時登頂を果たした。現在は順天堂大学医学部非常勤准教授として加齢制御(アンチエイジング)を専門に研究する傍ら、幅広い年齢層の人々やアスリートに向けた、トレーニングやアウトドアプログラムを手掛ける。日本経済新聞の夕刊コラム「三浦豪太 探検学校」でもおなじみ。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.