日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 三浦豪太さんが指南! 初めての山登り  > 教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?
印刷

三浦豪太さんが指南! 初めての山登り

教えて豪太さん! 山登りをすれば健康になれるの?

第1回 筋肉の老化予防には「下り」の運動が最適だった!

 高島三幸=フリーライター

シルバーウィーク目前。夏の終わりから続いた天候不順で思うように外出できず、この連休、行楽日和を待ち望んでいる人も多いことだろう。晴れ渡った秋空の下、自然の中で思い切り体を動かしたくなったら、登山はいかが? 登山初心者で、なんとなく苦手意識を持っている筆者が、プロスキーヤーであり、登山のスペシャリストでもある三浦豪太さんに、「初めての山登り」のイロハをお聞きした。

しんどい? それとも爽快?(©PaylessImages-123rf)

 「山ガール」という言葉がブームになり、ファッショナブルなウエアを身にまとって山登りを始める女性が増えた。ひょろひょろっとした体型で一見体力のなさそうな50代の上司のFacebookには、山頂で気持ちよさそうに微笑む写真がアップされ、「この人も登山をしていたのか!」と驚く。

 とにかく最近、筆者の周りを見渡すと登山を楽しむ人がやけに多いのだ。

 しかし、日頃運動をしていない者にとっては、「山登り」というと「しんどい、つらい」というキーワードしか浮かんでこない。ランニングやウォーキングと比べて気軽にできるスポーツにも思えない。「山頂から眺める景色が美しい」「爽快感や達成感が味わえる」ぐらいの魅力は想像できても、それだけではなかなか一歩を踏み出せない人も多いのではないだろうか。

 そこで本特集では、プロスキーヤーであり、冒険家であり、父・三浦雄一郎さんと2013年に世界最高峰エベレストの親子同時登頂を成し遂げた三浦豪太さんに、初心者でも分かる山登りの健康への効用や、体の使い方のコツを教えてもらった。第1回目のテーマは、「山登りの効用」について。

山登りは最もエネルギーの消費が激しい有酸素運動

山登りをスポーツととらえたときに、ランニングやウォーキングとの大きな違いは何ですか?

「どんなに体力に自信のない人でも、ゆっくり歩けば山頂に必ずたどり着きます」と話す三浦豪太さん。(撮影:深田高一)

豪太さん 「山登り」は基本的には、ウォーキングやランニングの延長と捉えられますが、違うところもあります。ウォーキングやランニングをする時、指標となるものは「距離」や「時間」、「速さ」ですよね。登山の場合、一番の指標は「標高差」なんです。

 例えば、42.195kmを走るマラソンで、標高差300mといったらアップダウンのかなり激しいコースになりますが、登山は通常、最低でも300mの標高差はあります。平均すると500~1000mです。これを物理的に考えてみましょう。

は、はい。

豪太さん 物が平行移動する時、仮に摩擦係数がゼロとすると、最初に加えたエネルギー以上に力を加えなくてもずっと横移動ができます。一方、縦移動はエネルギーを使わないと、物が上に上がりません。縦の移動距離は、横の移動距離で使うエネルギーの約30倍のエネルギーを消費するんです。つまり、約100mの標高差を登っただけで、横に約3km移動したのと同じぐらいの運動量に匹敵するわけです。

30倍…。運動量はウォーキングよりもランニングに近いイメージですね。

豪太さん そうなんです。距離に“縦の動き”が加わるために、ゆっくり登ったとしても、ランニングに匹敵するエネルギー換算になります。

 例えば富士山の五合目から七合目まで、だいたいの人が1時間ぐらいで登るのですが、日常生活で1時間近くウォーキングをしている人でも、富士山では息が切れて楽に登れないんですよ。それは、楽に縦移動するための歩き方や、ペース配分を知らないからなんです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.