日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 教えて!マイドクター  > 救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(後編)  > 4ページ目
印刷

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(後編)

ニーズを伝えれば、満足度が上がる

 梅方久仁子=ライター

言葉のキャッチボールをしたい

ところで、どういう症状のときにどういう病院に行けばいいのか、判断する方法はありますか。近所のクリニックがいいのか、大病院に行ったほうがいいのか、いつも迷います。

沖山 軽い病気なのか、危険な徴候があるのかを、医学知識がない患者さんが判断するのは簡単ではありません。迷ったときはどこでもいいから医師に診てもらって判断を仰ぐことをお勧めします。気軽に行けるという点では、近所のクリニックはいいですね。

 先ほどのニーズの話と同じですが、そのときに「ひょっとして悪い病気ではないかと気になります」と言えば、医師は不安を解消するような対応をしてくれると思います。「こういう徴候が出ていませんから、今のところは心配しなくて大丈夫ですよ」と詳しく説明したり、または、少しでも問題がありそうなら大きな病院を紹介したりしてくれるでしょう。

なるほど。ただ、いろいろと意見や要望をいうと、いわゆるモンスターペイシェント(身勝手な主張や理不尽な要求をする患者)と思われないか心配です。

沖山 私個人の考えですが、いろいろと要求する患者さんが問題だとはまったく思いません。困るのは、言葉のキャッチボールができないときですね。何を投げても受け取ってくれない人には、対処のしようがありません。医師と患者のコミュニケーションのずれが、「あそこの医者はダメだ」とか「あの患者はモンスターペイシェントだ」ということになるのだと思います。

 医師も患者も、互いにコミュニケーションを取ろうという姿勢が必要だと思います。そして、そのために患者さんができることは、やはり自分の要望を言葉にして書き出すことだと思います。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.