日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 教えて!マイドクター  > 救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)

問診票にはびっしり書いてほしい

 梅方久仁子=ライター

お医者さんに診てもらうとき、どうも話がすれ違ったような気がして、「ちゃんと分かってもらっているのかな?」と不安になったことはないだろうか。自分の症状をどう伝えれば、分かってもらいやすいのか。日本赤十字社医療センター(救命救急センター)をはじめとする全国の病院で診療経験がある沖山翔医師に、診察の際にどのような点に気を付けて話せばいいのか、そのポイントを聞いた。

沖山 翔(おきやま しょう)さん
日本赤十字社医療センター 救命救急センター 医師
沖山 翔(おきやま しょう) 1985年生まれ。東京大学医学部卒業。日本赤十字社医療センターでの臨床研修を経て、救命救急医、船医、離島医(石垣島・波照間島)、ドクターヘリ添乗医、DMAT(災害派遣医療チーム)隊員として勤務。東日本大震災では宮城県石巻市で被災地医療に従事し、不足する入院施設の新規立ち上げを行った。現在、株式会社メドレーで、医師たちが作るオンライン病気事典「MEDLEY」の医療情報監修を担当。

「いつ」「何が」「どこで」「どのように」

診察のときに、最低限これだけは患者さんから伝えてほしいという情報はありますか。

沖山 多くのクリニックや病院では、受診前にいろいろな質問が書かれた問診票に記入しますよね。医師は、それを基に症状に応じて、知りたいことを聞いていきます。患者さんの答えによって次の質問を変えていくので、すべてに共通して「これは言ってほしい」というのは難しいですね。

 ただ、仕事で報告するときと同じように、「いつ(When)」「何が(What)」「どこで(Where)」「どのように(How)」といった5W1Hの情報は、やはり大事だと思います。単に「頭が痛い」というよりも、「昨日の夜から、頭の右側が、ぎりぎり締め付けられるように痛い」のように説明していただけるといいと思います。

受診時に伝えたい5W1H
[画像のクリックで拡大表示]

 特に痛みなどの場合は、医師は症状と時間のかけ算というか、グラフのようなものを頭の中に思い描いていきます。例えば、ずっと痛いのか、あるときピンポイントで痛くて、しばらくすると治まったのか、だんだん強くなるのか。症状にも起承転結のようなものがあるので、出始めから、どう経過して、今はどうなのかを追っていくという思考回路です。そのために、医師は症状の現れた時期や持続時間を細かく尋ねていきます。

医師は、症状と時間のグラフのようなものを思い描く
[画像のクリックで拡大表示]

1/5 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.