日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 教えて!マイドクター  > 救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)  > 4ページ目
印刷

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)

問診票にはびっしり書いてほしい

 梅方久仁子=ライター

健康診断の結果を活用しよう

質問されても、1年も前のことだとよく覚えていないときもあります。そんなときは、どうしたらいいですか。

沖山 それは、「たぶん夏頃でしたが、よく覚えていません」のように、正直に話すしかないのではないでしょうか。

 普段からの話になりますが、もし何かおかしいと思うことがあったら、何でも記録をつけるといいと思います。そのときは「病院に行くほどじゃないかな」と思っても、半年後、1年後と繰り返して、「やっぱり受診しよう」と思ったときに、1年前の記録があると役立ちます。いまはスマートフォンなどで、気軽にメモを残せます。血圧や体重の値を気軽に記録できるアプリもあるので、健康管理に活用すると便利です。

どんなことを記録するといいのでしょうか。

沖山 やはり、先ほどの5W1Hではないでしょうか。いつ、何をしているときに、どこが、どういう症状だったのか。

 医者の立場からすれば、情報はあればあるほど助かります。1人の診察に割ける時間は限られているので、その情報を得るために時間を延ばすことはできません。でも、決まった時間でできるだけたくさん情報を欲しいという思いは強いんです。

普段から観察しておくべきことはありますか。例えば平熱を測っておくとか。

沖山 血圧は測っておくとよいと思います。それから、はじめて行く病院なら、職場などで受けた健康診断の結果を持って来てもらえると助かります。その日病院で血液検査をして異常な値が出ても、ずっとその値なのか、いま上がっている途中なのかは分かりません。1年前の結果があるだけで、診断のしやすさが劇的に変わります。これも、スマホで写真を撮っておけば、持ち歩くのが負担になりません。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.