日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 教えて!マイドクター  > 救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)  > 2ページ目
印刷

教えて!マイドクター

救命救急医に聞く! 正しい診断を導くための話し方・伝え方のポイント(前編)

問診票にはびっしり書いてほしい

 梅方久仁子=ライター

数字を使って、具体的に

時間による経過が重要なのですね。それを伝えるときに、気を付けることはありますか。

沖山 「最近」とか「ときどき」といったあいまいな表現ではなく、できるだけ「3日前」「1週間に1回くらい」といった数字で表現していただければと思います。

 それから、医師でも患者さんでも、人は自分の経験したことは相手も分かっているだろうと思いがちです。しかし、人によって経験は様々ですし、やはり言わなければ分からない部分もあるので、できるだけ言葉にして正確に伝えることが大事だと思います。

表現の仕方で勘違いしそうな言葉はありますか。

沖山 実は、医療の場面で誤解しやすい言葉はいくつかあって、「この言葉には気を付けなさい」と医学の教科書に書かれているくらいです。

 例えば「めまい」といっても、止まっているのに揺れているような感じのことだったり、急に立ち上がったときにくらっとすることだったりしますよね。「貧血」も、医学的には血液検査で血色素量(ヘモグロビン濃度)が一定値より少ないことを指しますが、「朝礼で立っていたら貧血で倒れた」とも言います。朝礼で倒れるのは、医学的には起立性低血圧という血圧の問題なのですが、一般的には貧血と呼ぶ人が多いでしょう。

 ただ、医学知識がない患者さんに「こういう言葉に気を付けて」と言って実行していただくのは難しいと思います。そのあたりは医師が気を付けて質問しますので、あまり気にしなくて大丈夫です。もし患者さん側で気を付けていただくとしたら、起こったことをなるべく具体的に話すことだと思います。例えば「昨日、めまいを起こしたんです」という言い方ではなく、「立ち上がった瞬間に目の前が暗くなって、意識を失いそうになりました」と説明していただくと医師にはよく分かります。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.