日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 「ウォーキングコンペ」最終結果発表! 半数が体重減、3割が体調改善  > 5ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

「ウォーキングコンペ」最終結果発表! 半数が体重減、3割が体調改善

「よく眠れるように」「脚力がついた」「これからも続ける」の声多数

 稲川哲浩=日経Gooday

コンペ8週目の「ピッタリ賞」「ニアピン賞」は?

 コンペ8週目の勅使川原郁恵さんの累計歩数は「75032歩」でした。
今回の「ニアピン賞」の当選者は以下の3名様です。
残念ながら「ピッタリ賞」の該当者はいませんでした。

・コーチャン(74967歩)
・ごぼうくん(72952歩)
・ゆめゆめちゃん(77775歩)

 ニアピン賞の当選者の方々には、勅使川原さんオススメの吸水性に優れる今治ハンカチタオルを贈呈致します。

 なお、ニアピン賞の当選基準は、勅使川原さんの歩数に近い3名様となります。

皆勤賞の受賞者は73名

 コンペ全期間にわたってウォーキングとデータ入力を継続されたのは、以下の73名です。 おめでとうございます! 皆勤賞の皆さんには「スマートフォンが使えるウォーキング用手袋」を贈呈します。

えむ、ハワイ、キキララ、nobu、かしらのタッちゃん、タラボー、かめ、みっつん、コーチャン、“K”、どんがめさん、kou、Chloe、めろんめろん、がま、あおみどり、よすてびと、キティーちゃん、来年こそ枝豆、ゴリラーマン、フラワーガール、憧れの8パック、ぷーさん、ごぼうくん、なべ、shot0306、Ling、あかさ、ジョニー、クッキー、NZsac、しおさん、Airok、全速力、ゆうたのGG、コービー、マツ、やすまほ、もも、ぷくぷくん、ランツ、ピンキー、yunnan、ともかつ、まくろす、noel、かりん、ric7、りろろ、セット、ポンコツおやじ、ぴーたーぱん、みきてぃ、navyglaynavy、ひっちゃん、ケンケン、tausan01、6791、リク、ともぱぱ、チャロ、キャサリンあらや、Alohas、ゆずくりん、ゆめゆめちゃん、ミーにゃん、くぼっちゃん、まゆこ、やまゆ、ムーちん、おやつ大好き、sachiko、ゆきみ

精勤賞の受賞者は9名

 コンペ開催期間の間、週1回のデータ入力を6回以上達成できたのは、以下の9名です。 おめでとうございます! 精勤賞の皆さんには「ウォーキングに最適な5本指ソックス」を贈呈します。

どらどら、いくら、しゅー、ku、Eemore、じん、元ふくろう、のびー、まかお

勅使川原郁恵さん(ウォーキング実践コンペ・アドバイザー)からのコメント

 この度は2カ月間にわたるウォーキング実践コンペへのご参加、本当にお疲れ様でした。

 9月12日のセミナーでは一部の参加者の方々に、速歩に無理なくステップアップできる歩き方をお伝えさせていただきました。そのメソッドが日経Goodayの記事を通じて公開され、大変多くの参加者が肩甲骨を使った腕振りや、大股歩きによる速歩を実践し、脚力や姿勢の改善効果を感じてくれたことにとても大きな喜びを感じました。

 コンペは2カ月で終わりますが、1日3分の筋力トレーニングでも、3カ月続ければかなりの効果を発揮します。まずはあと1カ月継続して、ウォーキングしないと気持ち悪くなるような体質になれるといいですね。

ウォーキング
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.