日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 「ウォーキングコンペ」最終結果発表! 半数が体重減、3割が体調改善  > 5ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

「ウォーキングコンペ」最終結果発表! 半数が体重減、3割が体調改善

「よく眠れるように」「脚力がついた」「これからも続ける」の声多数

 稲川哲浩=日経Gooday

コンペ8週目の「ピッタリ賞」「ニアピン賞」は?

 コンペ8週目の勅使川原郁恵さんの累計歩数は「75032歩」でした。
今回の「ニアピン賞」の当選者は以下の3名様です。
残念ながら「ピッタリ賞」の該当者はいませんでした。

・コーチャン(74967歩)
・ごぼうくん(72952歩)
・ゆめゆめちゃん(77775歩)

 ニアピン賞の当選者の方々には、勅使川原さんオススメの吸水性に優れる今治ハンカチタオルを贈呈致します。

 なお、ニアピン賞の当選基準は、勅使川原さんの歩数に近い3名様となります。

皆勤賞の受賞者は73名

 コンペ全期間にわたってウォーキングとデータ入力を継続されたのは、以下の73名です。 おめでとうございます! 皆勤賞の皆さんには「スマートフォンが使えるウォーキング用手袋」を贈呈します。

えむ、ハワイ、キキララ、nobu、かしらのタッちゃん、タラボー、かめ、みっつん、コーチャン、“K”、どんがめさん、kou、Chloe、めろんめろん、がま、あおみどり、よすてびと、キティーちゃん、来年こそ枝豆、ゴリラーマン、フラワーガール、憧れの8パック、ぷーさん、ごぼうくん、なべ、shot0306、Ling、あかさ、ジョニー、クッキー、NZsac、しおさん、Airok、全速力、ゆうたのGG、コービー、マツ、やすまほ、もも、ぷくぷくん、ランツ、ピンキー、yunnan、ともかつ、まくろす、noel、かりん、ric7、りろろ、セット、ポンコツおやじ、ぴーたーぱん、みきてぃ、navyglaynavy、ひっちゃん、ケンケン、tausan01、6791、リク、ともぱぱ、チャロ、キャサリンあらや、Alohas、ゆずくりん、ゆめゆめちゃん、ミーにゃん、くぼっちゃん、まゆこ、やまゆ、ムーちん、おやつ大好き、sachiko、ゆきみ

精勤賞の受賞者は9名

 コンペ開催期間の間、週1回のデータ入力を6回以上達成できたのは、以下の9名です。 おめでとうございます! 精勤賞の皆さんには「ウォーキングに最適な5本指ソックス」を贈呈します。

どらどら、いくら、しゅー、ku、Eemore、じん、元ふくろう、のびー、まかお

勅使川原郁恵さん(ウォーキング実践コンペ・アドバイザー)からのコメント

 この度は2カ月間にわたるウォーキング実践コンペへのご参加、本当にお疲れ様でした。

 9月12日のセミナーでは一部の参加者の方々に、速歩に無理なくステップアップできる歩き方をお伝えさせていただきました。そのメソッドが日経Goodayの記事を通じて公開され、大変多くの参加者が肩甲骨を使った腕振りや、大股歩きによる速歩を実践し、脚力や姿勢の改善効果を感じてくれたことにとても大きな喜びを感じました。

 コンペは2カ月で終わりますが、1日3分の筋力トレーニングでも、3カ月続ければかなりの効果を発揮します。まずはあと1カ月継続して、ウォーキングしないと気持ち悪くなるような体質になれるといいですね。

ウォーキング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.