日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 筋力・免疫力アップには「インターバル速歩+牛乳」  > 3ページ
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

筋力・免疫力アップには「インターバル速歩+牛乳」

ダイエット効果の高いウォーキング・タイムは?

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

教えて! 勅使川原さん

Q  ウォーキングするのによい時間帯は?

 体重を減らしたいという人は、朝のウォーキングがおススメです。起きてから、朝食を食べずに空腹の状態で歩くと、体に蓄積された脂肪が燃焼しやすいので、ダイエットに効果的とされています。1万歩ほど歩くと、その運動後は半日ほど脂肪が燃焼し続けるそうです。

 ウォーキングの前に全くなにも食べないのではなく、温かいスープなどを2~3口飲んでから出かけるといいでしょう。体が温まると代謝がアップし、ウォーキングの脂肪燃焼の効果をさらに高めてくれます。

 朝でなくても食後2時間以上をおいて、空腹時のウォーキングを週に3回続けると、みるみる体重が減ってきますよ。

 平日働いている場合、朝のウォーキングは難しいという人もいると思います。その場合は、ランチタイム前の空腹時を活用して10~15分歩いてもいいです。毎日続ければ1週間で1時間近く歩いたことになります。仕事の合間の休憩時間などに運動をはさめば、気分転換や脳のリフレッシュにもつながるでしょう。

 また、夕方の16~18時も、体がほぐれて温まっているため怪我をしにくく、ウォーキングに適したタイミングです。仕事からの帰宅時や買い物の際に、ダラダラ歩くのではなく、コンペ連動企画の第1回記事「やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった」で紹介した、正しいウォーキングを心がけるだけでもちょっとしたエクササイズになります。

 夜のウォーキングについては、夕食直後の満腹時は避けてください。満腹時は、食べたものを胃が消費している状態。そのときに運動をすると胃の機能が鈍り、消化不良を起こす原因となります。また、20時以降の遅い時刻のウォーキングは、体を興奮状態にして、かえって眠れなくなってしまうことがありますので注意してください。

回答:勅使川原 郁恵(てしがわら いくえ)さん
ウォーキングキャスター・元ショートトラックスピードスケート五輪日本代表

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.