日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 体力に自信ない人こそ「速歩」! メタボ・関節痛の改善効果大  > 3ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

体力に自信ない人こそ「速歩」! メタボ・関節痛の改善効果大

O脚や偏平足の改善エクサで歩くフォームを改善

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

教えて! 勅使川原さん

Q  O脚や偏平足を治すことはできますか?

 足をそろえて立った場合に両膝関節の間が開くO脚の人や、土踏まずが無く、足裏が平らで地面からの衝撃を受けやすい偏平足の人は、ともにウォーキングによって膝に負担がかかりやすいため関節痛になりやすいといいます。

 まずO脚については、内転筋を鍛えることで矯正されると私は考えています。内転筋とは太ももの内側にある筋肉の総称で、内転筋が弱っていると膝が閉じにくく、そのままにしておくと膝が外向きに広がってO脚になり、さらには足のつま先が外側へ開いてしまうガニ股歩きにもつながります。座っているときに、勝手に膝が開いている人は内転筋が弱っている可能性があるので注意して下さい。意識して膝を閉じるだけでも、内転筋の筋力を強化できます。

 内転筋に力を入れるということがよく分からないという人は、グーの形にした手を太ももの間に入れて、その手をつぶすようにするといいでしょう。立った状態でも、両膝を近づけて内転筋を引き寄せると効果的です。

 続いて偏平足の対策ですが、足裏に土踏まずを作るには、足裏の指につながる筋肉をアップさせることが有効とされています。方法は、つま先立ちをしたり、足の指をグーパーと広げる運動があります。足の指でタオルをたぐりよせるという動作も、土踏まずを形成する筋肉を鍛えることにつながりますよ。

 これらのエクササイズを併用して、O脚や土踏まずを解消していけば、コンペ連動企画の第1回記事「やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった」で紹介した正しい歩き方を実践しやすくなると思います。

ウォーキング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.