日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 猫背解消の特効薬「背肉絞りウォーキング」にトライ!  > 3ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

猫背解消の特効薬「背肉絞りウォーキング」にトライ!

コンペ3週目は「脚力アップ」を実感する声多数。連休中の食べ過ぎで“増量”した方も

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

ウォーキングのお悩みに答えます

Q  ウォーキングではどんなコースを歩くのがいいですか?

 何もない平坦な道よりも、ところどころに「おたのしみ」があるコースを選ぶと、継続のモチベーションを高めやすいでしょう。ウォーキングコースの途中に、緑のある公園や神社など、四季折々の景観が楽しめる場所を入れるのも一つのやり方。普段は目がいかない近所の自然を楽しむことを意識すると、季節の小さな変化などの新しい気付きを楽しめます。

 また、真っ直ぐな道よりも緩やかな上り坂や下り坂のあるコースもおススメです。上り坂では、ゆっくり歩いたとしても、速歩と同じ「ややきつい」程度の運動効果が得られます。下り坂では倒れそうになる体を脚で踏ん張りながら歩くことで、想像以上にしっかりと脚の筋肉を使うことができます。

 ウォーキングを充実させるコースを探すために、パソコンやスマートフォンを利用してもいいでしょう。こうしたデジタルの地図はとても細い道まで表示してくれるので、今までに知らなかった道を発見できて、好奇心を刺激されるかもしれません。また、地域ごとにウォーキングのコースを紹介しているWebサイトもあるので、それ利用するのも手です。

ウォーキング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.