日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > ウォーキングコンペ2週目で「体調改善」「体重減少」を実感
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

ウォーキングコンペ2週目で「体調改善」「体重減少」を実感

ダイエット成功のコツは、正しい姿勢で歩くこと

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

日経Goodayは、9月5日から10月30日にかけて、読者の方々100名にご参加いただくウォーキング実践コンペを開催します。この連動企画では、日々のウォーキングの達成度(歩行距離、早歩き歩数、階段登り歩数)などをランキング形式で毎週ご紹介するとともに、ウォーキングのメソッドやQ&Aもお伝えしていきます。コンペ参加者はもちろん、読者の方々にも意欲的にウォーキングに取り組んでいただき、ダイエットや生活習慣病の予防など健康増進のお手伝いをしたいと考えています。

 30度前後の夏日にもそろそろ別れを告げ、秋らしい天候になってきました。9月5日に始まった日経Goodayの読者100人が参加する「ウォーキング実践コンペ」(最終ページ参照)では、歩行距離や階段歩数などに関する2週間目までのデータ集計が終わりました(ランキング表は3ページに掲載しております)。

 前回はコンペ参加者がウォーキングを1週間実践した効果に関して、「姿勢が良くなった」「快眠が得られた」などの回答が多かったことをお伝えしましたが、2週目に入った今回は「体調が良かった(回答数29人)」「体重が減った(同18人)」といった効果を感じる参加者が増えました(下グラフ)。多くの方が目標にしているのは「ダイエット」ですが、その効果を感じつつある参加者もじわじわと増えてきているようです。

ウォーキング実践コンペの参加者に聞いた2週間目の効果
[画像のクリックで拡大表示]
「体調が良かった」「体重が減った」などの回答が多く寄せられた。(回答者数は84名、各参加者からの複数回答あり)

 4ページで紹介しているコメント欄では、姿勢や歩き方のフォーム、スピードをしっかり意識するかどうかで効果の違いを感じる、といった声を紹介しています。読者の皆さんもこのコンペ連動企画で紹介しているメソッドをご参考に、正しい歩き方にトライされてはいかがでしょうか。

ウォーキングの運動効果を減らす猫背に要注意

 日経Goodayでは、コンペ企画と連動させたウォーキング実践セミナーを9月12日に開催しました。前回記事「効果実感! ウォーキングで姿勢改善とぐっすり睡眠」では、講師を務めた元ショートトラックスピードスケート五輪日本代表でウォーキングキャスターの勅使川原郁恵さんと、信州大学大学院でインターバル速歩の健康効果などの研究をされている医学博士の森川真悠子さんの指導により、参加者の歩行姿勢が改善されていく様子をお伝えしました。

 多くのセミナー講師を務めた経験から勅使川原さんは、「一番よく目にするのは猫背の方ですね」と言います。それは今回のセミナーでも同様でした。パソコンを使ったデスクワークが多い人や、常にスマートフォンをいじっている人は猫背になりがち。「猫背になると肩甲骨が背中の筋肉に埋もれた状態になり、肩甲骨の可動域が狭くなるため、ウォーキングのスピードを上げるために大切な腕振りをスムーズに行えなくなります」(勅使川原さん)。加えて、猫背は肩こりや腰痛、スタイルの悪化にもつながります。

[画像のクリックで拡大表示]
猫背の状態のままウォーキングをしても、肩甲骨の可動域が狭くなるため、ウォーキングの運動効果が低くなってしまう。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.