日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > ウォーキングコンペ2週目で「体調改善」「体重減少」を実感  > 2ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

ウォーキングコンペ2週目で「体調改善」「体重減少」を実感

ダイエット成功のコツは、正しい姿勢で歩くこと

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

「腕伸ばしウォーキング」で猫背を解消

 そこで、今回はセミナー会場で好評だった、猫背を解消するためのエクササイズ「腕伸ばしウォーキング」のメソッドを詳しくお伝えします。

 まずは、背筋、ひざ裏を伸ばし、骨盤を真っ直ぐ立てた姿勢で立ちます。コンペ連動企画の初回記事「やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった」で紹介したように、壁に背中を当ててまっすぐに立ったときに、背中と壁の間に手のひらが入るくらいの隙間ができている状態が、正しい姿勢です。

 次に、足を一歩踏み出すのと同時に、反対側の腕を上に伸ばします。これを右左一歩ずつ繰り返します。呼吸を忘れず、肩甲骨が大きく動く感覚を大事にしましょう。歩幅を大きめにして、歩行のスピードを普段より遅めにすると、肩甲骨への負荷がよくかかるようになります。腕の振りが大きいために体の軸がぶれやすいので、お腹(丹田)に力を入れて腰から体がよじれないようにします。

猫背を治す「腕伸ばしウォーキング」
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左右の腕を足の動きと合わせて交互に振り上げながら歩く。左右10回ずつを1セット、2~3回のセットで行うと効果的。

 腕伸ばしウォーキングには、背中と腕を刺激して、肩甲骨を浮き上がらせる効果があります。「二の腕から背中の部分が引き締まってきて、やがて猫背を解消できるでしょう」と勅使川原さん。また、肩甲骨を動かすことで背中から腰の血液の流れが良くなるので、代謝を高め、肩こりや腰痛の対策としても効果もあるそうです。

インターバル速歩のお悩みに答えます

Q  時間がなく、1日30分のインターバル速歩をなかなか実践できないのですが…

 インターバル速歩では、「3分間のゆっくり歩き+3分間の早歩き」を1セットと考えて、1日に5セット行うのが理想的です。つまり、1日のインターバル速歩の合計時間は30分間。これを週に4回、1週間の合計時間が120分以上になるようにします。5カ月間継続すると、膝の筋力が15%前後向上することが実証されています。

 ただ、多忙なビジネスマンなど、30分の運動時間を続けて確保することが難しい人も多いでしょう。その場合は、朝の通勤の時間に2セット、帰りの時間に3セット行うような形でも大丈夫です。朝、昼、夜と3セットに分けてもいいのです。また、平日に運動の時間を取れない人は、土日にそれぞれ60分ずつ行ってもかまいません。いずれにしても、1週間に120分以上(早歩きは60分以上)のインターバル速歩ができればよいのです。それよりも少なくなると、効果がやや少なくなるというデータがあるので注意しましょう。

 一方で、インターバル速歩をやらないほうが良い時もあります。特に注意したいのは体の不調があるとき。運動前に「足や膝に痛みを感じる」「頭痛がする」「徹夜明けや二日酔い」「脈拍や血圧が普段よりも高い」「風邪や微熱、下痢気味」などの自覚症状がある時は止めておきましょう。また、ウォーキングを始めて「心臓の鼓動や脈拍の乱れ」「めまい」「吐き気」「冷や汗」などの体の変化があったら、すぐに中止したほうがよいでしょう。

 もっとも、インターバル速歩が体に与える影響に関して研究を行っている信州大学の能勢博教授によると、「インターバル速歩の途中で心筋梗塞を起こしたり、重病になったという人は全くいませんでした」。マラソンや球技などの激しい運動とは異なり、インターバル速歩は運動負荷を調整しやすく、自分の体調の変化を把握しやすいからだそうです。

ウォーキング
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.