日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > 効果実感! ウォーキングで姿勢改善とぐっすり睡眠  > 5ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

効果実感! ウォーキングで姿勢改善とぐっすり睡眠

ウォーキングコンペ第1週の結果を発表!

 氏家裕子=ライター、稲川哲浩=日経Gooday

コンペ1週目の「ピッタリ賞」「ニアピン賞」は?

 コンペ1週目の勅使川原郁恵さんの歩数は「62282歩」でした。
今回の「ニアピン賞」の当選者は以下の3名様です。
残念ながら「ピッタリ賞」の該当者はいませんでした。

・クッキーさん(62012歩)
・Alohasさん(62497歩)
・チャロさん(62731歩)

 ニアピン賞の当選者の方々には、勅使川原さんがプロデュースした、吸水性に優れる今治ウォッシュタオルを贈呈致します。

 なお、ニアピン賞の当選基準は、当初は勅使川原さんとの歩数の差が10歩以内としておりましたが、勅使川原さんの歩数に近い3名様と変更いたしました。

コンペ1週目の「参加者の声」
歩数が増えても消費カロリーが伸びない…

 普段は、Fitbitをつけていたので、歩数はどのくらいか知っていましたが、今回、活動量計を使ってみて、歩数をたくさん歩いてもほとんどカロリーを消費できていないことを発見しました。この活動量計の使用を機会に、食事のカロリーをもう少しセーブする方法を考えたいと思っています。(東京都・30歳・女性:キティーちゃん)

早朝散歩でカワセミに遭遇!

 初日の早朝散歩、和泉川(横浜)でカワセミに遭遇。夏場は朝でもたまにしか見られないので(昼間はダメ)、先々、良い結果が出そうな予感。が、今週は雨続きで歩数が伸びずに残念。その分、少し早歩きを増やしたら、ふくらはぎの疲れとともに、活動カロリーが意外に増えたので、少々ニンマリ。ポッコリお腹の解消に向けて、頑張ります。(神奈川県・58歳・男性:来年こそ枝豆)

階段を使うのにためらいがなくなった

 目的地がないと歩けない性質なので、今度引っ越す予定のエリアを見に行ったり、コーヒー豆を買いに行ったりと理由を作っては歩くようにしました。お天気があまりよくなかったのと仕事の関係であまり景色を楽しめませんでしたが、普段会わない人に声をかけられたりと新鮮でした。階段を使うのにためらいがなくなりました。(富山県・45歳・女性:noel)

ウォーキングを少し甘く見ていました…

 腕振りウォーキングとインターバルが、思ったより疲れる。20年前には、フルマラソンにチャレンジしていたので、ウォーキングを少し甘く見ていました。肩をまわせばギシギシ、腕をふれば、背中と腕についた贅肉がブルブル。30分のウォーキングで筋肉痛に…。来週もがんばります。(千葉県・47歳・女性:ミーにゃん)

車の排ガスが気になるように

 歩くのが楽しくなりました。車の排ガスが気になります。空気がきれいな自然の中を歩きたいと思うようになりました。自律神経が整い、元気になったと感じます。体が軽く感じました。頭の回転が良くなったように感じました。(東京都・31歳・女性:まゆこ)

(写真:村田わかな)

勅使川原郁恵(てしがわら いくえ)さん
ウォーキングキャスター
勅使川原郁恵(てしがわら いくえ)さん 1978年生まれ。3歳からスケートを始め、中学2年生でショートトラックスピードスケート五輪強化指定選手となり、1996年世界ジュニア選手権で総合1位。1998年長野五輪、2002年ソルトレイクシティー五輪、2006年トリノ五輪と、オリンピックに3回出場。現役引退後は、スポーツコメンテーターとして活躍。その後は、ウォーキング指導員の資格を取得し、ウォーキングキャスターとしてその魅力を伝える活動をしている。日本ウオーキング協会の親善大使も務めた。
日経Gooday ウォーキング実践コンペ 開催概要
■日程:2015年9月5日(土)~10月30日(金)
■ウォーキングコース:特に指定なし
■歩数などのデータ測定・送信方法:
 日経Goodayが提供した活動量計「HJA-400」(オムロン ヘルスケア製)や参加者が所有する測定機器を使って測った歩数、体重などのデータ(毎週土曜から翌週金曜までの1週間分の累計データ)を、所定のデータ入力フォームを使って、翌土・日曜に送信。
■参加者のランキング情報:
・歩行距離、早歩き時間、階段登り歩数や、体重、体脂肪率、血圧、血糖値といった健康改善度を示す指標などにより順位付けしたランキング表を、毎週公開する記事の中で掲載。
・ランキング表は、年代別、性別、職種別、役職別などによる絞り込みが可能。
■賞品
・皆勤賞:コンペ開催期間の間、週1回(毎週土曜日)のデータ入力を継続できた方には「スマートフォンが使えるウォーキング用手袋」を贈呈。
・精勤賞:コンペ開催期間の間、週1回(毎週土曜日)のデータ入力を6回以上達成できた方には「ウォーキングに最適な5本指ソックス」を贈呈(皆勤賞の方は対象外)。
・ピッタリ賞:本コンペにご参加いただく勅使川原郁恵さんと、当該週の歩数が同じだった方には、勅使川原さんがプロデュースした、吸水性に優れる今治フェイスタオルを贈呈します。
・ニアピン賞:該当週の歩数が、勅使川原郁恵さんの歩数に近い3名様に、勅使川原さんがプロデュースした、吸水性に優れる今治ウォッシュタオルを贈呈。

先頭へ

前へ

5/5 page

ウォーキング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.