壁に背中を当ててまっすぐに立ったときに、背中と壁の間に手のひらが入るくらいの隙間ができているのが、骨盤が正しい位置にある状態。

記事に戻る