日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった  > 4ページ目
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった

脚への負担を軽減してくれるウォーキング専用シューズがお薦め

 氏家裕子=ライター

教えて! 勅使川原さん

Q  シューズ、ウェアなどウォーキングに必要なギアはどんなものを選べばいいですか?

ウォーキングシューズの履き方
[画像のクリックで拡大表示]
踵を上げた姿勢でひもを結ぶと、足の甲を締め過ぎなくてすむ。

 まず、シューズはウォーキング専用のものがお薦めです。ソールの硬さ、クッション性、形、材質など、細部にわたって歩きやすく負担がかかりにくいような設計になっています。一方、サンダルやヒールの高いパンプスでの速歩は絶対に避けてください。歩きにくいうえに、足の甲やふくらはぎに負担がかかり、疲労が蓄積されます。さらに足首がサポートされておらず不安定なため、捻挫などのけがにもつながることもあります。

 シューズを買いに行くタイミングは夕方がお薦めです。人の足は、朝と夕方で1~2センチも変化することがあるので、足がむくんで大きくなっている夕方に選ぶのが望ましいのです。試しばきして、靴に足の指が当たらず、少し泳いでいるくらい余裕があるものを選んでください。可能なら、スポーツ系のショップで専門知識のあるスタッフに相談しながら選びましょう。より自分の足に合ったシューズが見つけられるはずです。

 シューズと同じくらい重要なのがソックスです。ソックスは足をガードする役目を持っているので必ず着用してください。足への衝撃や汗の蒸れ、怪我を防いでくれます。ちなみに私は、足指1本ずつの汗を吸収してくれて、指のふんばりも効きやすい5本指のソックスを愛用しています。

 服装は自分の好きな動きやすい恰好で大丈夫ですが、おススメは吸汗速乾の素材を使ったウェアです。そのほかのアイテムは季節や天気、気温によって調節してください。日差しの強い暑い日は、UVカットのウェアやアームカバーなどで紫外線対策を。これから迎える秋冬の季節は、風よけのために薄手のウィンドブレーカーを着て歩き始め、体温が上がってきたら脱いで腰に巻きながら歩くとよいでしょう。また、寒い冬の必須アイテムは手袋です。体温は頭と手から奪われやすいので、できればニットキャップなどもあるといいですね。

 そのほか、ウォーキングのお供として水分も必須です。1時間以上歩くなら絶対に持ち歩きましょう。リュックやウエストポーチに入れてもいいですが、水筒を持つ手を変えながら歩けば腕のエクササイズの効果も得られます。

 歩数や距離、時間などを測ってくれる歩数計を使えば、自分のペースをつかみやすく目標も設定しやすくなります。機能性に優れたアイテムやおしゃれなウェアは、歩くモチベーションを高め、ウォーキングライフを充実させてくれるはずです。

勅使川原郁恵(てしがわら いくえ)さん
ウォーキングキャスター
勅使川原郁恵(てしがわら いくえ)さん 1978年生まれ。3歳からスピードスケートを始め、中学2年生で五輪強化指定選手となり、1996年世界ジュニア選手権で総合1位。1998年長野五輪、2002年ソルトレイクシティー五輪、2006年トリノ五輪と、オリンピックに3回出場。現役引退後は、スポーツコメンテーターとして活躍。その後は、ウォーキング指導員の資格を取得し、ウォーキングキャスターとしてその魅力を伝える活動をしている。日本ウオーキング協会の親善大使も務めた。
日経Gooday ウォーキング実践コンペ 開催概要
■日程:2015年9月5日(土)~10月30日(金)
■ウォーキングコース:特に指定なし
■歩数などのデータ測定・送信方法:
 日経Goodayが提供した活動量計「HJA-400」(オムロン ヘルスケア製)や参加者が所有する測定機器を使って測った歩数、体重などのデータ(毎週土曜から翌週金曜までの1週間分の累計データ)を、所定のデータ入力フォームを使って、翌土・日曜に送信。
■参加者のランキング情報:
・歩行距離、早歩き時間、階段登り歩数や、体重、体脂肪率、血圧、血糖値といった健康改善度を示す指標などにより順位付けしたランキング表を、毎週公開する記事の中で掲載。
・ランキング表は、年代別、性別、職種別、役職別などによる絞り込みが可能。
■賞品
・皆勤賞:コンペ開催期間の間、週1回(毎週土曜日)のデータ入力を継続できた方には「スマートフォンが使えるウォーキング用手袋」を贈呈。
・精勤賞:コンペ開催期間の間、週1回(毎週土曜日)のデータ入力を6回以上達成できた方には「ウォーキングに最適な5本指ソックス」を贈呈(皆勤賞の方は対象外)。
・ピッタリ賞:本コンペにご参加いただく勅使川原郁恵さんと、当該週の歩数が同じだった方には、勅使川原さんがプロデュースした、吸水性に優れる今治フェイスタオルを贈呈します。
・ニアピン賞:該当週の歩数が、勅使川原郁恵さんの歩数と10歩以内の差だった方には、勅使川原さんがプロデュースした、吸水性に優れる今治ウォッシュタオルを贈呈。

先頭へ

前へ

4/4 page

ウォーキング
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.