日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった  > 3ページ目

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった

脚への負担を軽減してくれるウォーキング専用シューズがお薦め

 氏家裕子=ライター

 ウォーキングの際に、骨盤を真っ直ぐ立てた状態を維持するには、腰から下を脚と思い、大股で一歩を踏み出します。その踏み出した足を踵(かかと)から着地させ、踵から指先へ重心を移し、親指の付け根で地面を軽く蹴り上げるとよいのです。「骨盤の傾きが矯正されると、血液やリンパ液が全身にスムーズに流れることで基礎代謝がアップし、脂肪が効率的に燃えて体が引き締まっていくことを実感できます」(勅使川原さん)。

骨盤が真っ直ぐ立った理想的なフォーム
骨盤が真っ直ぐ立った理想的なフォーム
前足は踵から着地し、後ろ足は親指で地面を蹴っている。

肩甲骨から腕を速く振り運動量アップ

 最後のチェックポイントは、腕を引く時に肩甲骨が大きく動くように、腕を振って歩くことです。腕から動かそうとするのではなく、肩甲骨を起点とする意識が大切になります。「肩甲骨が速くしっかり動いたウォーキングを行うと、肩周辺の筋肉が柔軟になって肩こりの解消につながるほか、スピードアップにつながって運動量を増やしやすくなります」と勅使川原さん。肩甲骨の動きは骨盤と連動しているため、肩甲骨を速く動かすと、脚の繰り出しも速くできます。

肩甲骨から大きく腕を引く
肩甲骨から大きく腕を引く
腕を約90度に曲げて、背中側に大きく引くように振る。このとき肩甲骨が動いていることが大切。肩甲骨から指先まですべてが腕という意識を持つといい。
ウォーキング
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.