日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画  > やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった
印刷

「日経Goodayウォーキング実践コンペ」連動企画

やせられる歩き方のポイントは「呼吸」「骨盤」「肩甲骨」にあった

脚への負担を軽減してくれるウォーキング専用シューズがお薦め

 氏家裕子=ライター

日経Goodayは、9月5日から10月30日にかけて、読者の方々100名にご参加いただくウォーキング実践コンペを開催します。この連動企画では、日々のウォーキングの達成度(歩行距離、早歩き歩数、階段登り歩数)などをランキング形式で毎週ご紹介するとともに、ウォーキングのメソッドやQ&Aもお伝えしていきます。コンペ参加者はもちろん、読者の方々にも意欲的にウォーキングに取り組んでいただき、ダイエットや生活習慣病の予防など健康増進のお手伝いをしたいと考えています。

[画像のクリックで拡大表示]
コンペ企画にアドバイザーとしてご参加いただく、元スケート五輪代表の勅使川原郁恵さん

 日経Goodayが今回開催する「ウォーキング実践コンペ」は、参加者100名の方々に歩数や体重などのデータを定期的に申告していただいた上で、達成度などによるランキングや、ウォーキングのメソッドなどを記事を通じてご紹介するものです。

 抽選で選ばせていただいた参加者は、男性57人、女性43人。年齢層は、男性は40~50代の方が中心で、女性は30~50代にかけてほぼ均等です。コンペの実施に当たり、参加者の皆さまには活動量計を提供させていただきました。

 今回のコンペには、アドバイザーとして、元ショートトラックスピードスケート五輪日本代表の勅使川原郁恵さんにご協力いただきます。勅使川原さんは、日本ウオーキング協会のウオーキング親善大使を務められたこともあり、協会のウオーキング指導員の資格も取得されています。

 勅使川原さんは選手時代、「パフォーマンスを上げるにはボディーバランスを整えることが大切」との考えから、腹筋や背筋など体の軸となる体幹の筋力アップに励みました。日々のトレーニングを通じて、「ウォーキングこそ体の前後左右のバランスを整えて体幹を強くする最良の方法」と確信し、引退後にウォーキング指導の道に進んだそうです。

ウォーキングで基礎代謝を高めてダイエット

 手軽に取り組める運動として人気のウォーキングには、様々な効用があります。脚や体幹の筋力アップに加え、血流の促進、姿勢の改善など…。コンペ参加者への事前アンケートでは、「脚力、体力を付けたい」という目標に加えて、「ウエストを細くしたい」「体重を減らしたい」という声も多く寄せられました。

 ウォーキングは、負荷の低い運動です。果たしてダイエット効果はあるのでしょうか? 「ウォーキングを通じて脚や体幹の筋力を強くすると、何もしなくても体がエネルギーを消費する基礎代謝が高まるので、やせやすい体質になります」(勅使河原さん)。また、ある程度の時間歩けば有酸素運動となり、エネルギーを効率的に消費できます。

 ただ、より大きな効果を求めるなら、正しい歩き方でウォーキングを実践する必要があります。勅使川原さんが挙げる、ダイエットにつながるウォーキングのポイントは、「丹田を意識した呼吸を心がける」「骨盤を真っ直ぐに立てる」「腕を肩甲骨から動かす」の3つです。一つずつ説明していきましょう。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.