日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Goodayクイズ  > 脳梗塞の大きな原因「心房細動」 見つかりにくい理由は?  > 3ページ目
印刷

Goodayクイズ

脳梗塞の大きな原因「心房細動」 見つかりにくい理由は?

クイズで学ぶ「心房細動」

 日経Gooday編集部

 診断は病院の心電図で行いますが、診断のためには、心臓に異常があるときに記録ができなければいけません。心房細動は発作的に起きるので、それを1年に1回の定期健診のわずか数十秒の測定で見つけることはまず難しいのです。

 「心電図は長く記録すればするほど病気の検出感度は高まる」(木村専任講師)ことから、医療機関では24時間継続して心電図測定をする「ホルター心電図検査」が一般的に行われますが、それでも頻度の少ない発作を見つけることはなかなかできません。

 心房細動では症状の感じ方に個人差があることも問題です。「胸がもやもやする」「バクバクする」といった症状から「喉が詰まる感じ」という人もいますが、症状が全く出ない人もいます。実際、約半数の人は無症状だといわれています。

治療はどう行われる?

 治療には医学的専門的検査の結果に基づいた医師の診断が必要です。そして心房細動の発作頻度、年齢、心臓の状態などを見極めて薬物治療、カテーテル治療など最適な治療を行います。

 薬物治療でまず用いられるのは血液をサラサラにする薬。かつてはワルファリンという薬しかなく、効果を採血でコントロールする必要がありました。現在では「直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)」が登場。血液のサラサラ具合の調整をせずに服薬を続けられるようになりました。このほか不整脈を抑制する薬が使われることもあります。

 問題は、薬物治療では、心房細動が原因の脳梗塞のリスクを3分の1程度にしかできないことです。木村専任講師は「血液をサラサラにする抗凝固療法は、脳梗塞を100%予防するものではありませんし、出血のリスクも高めてしまうので、薬を飲んでいれば安心というわけではありません。また、心房細動が持続する時間が長くなると、心臓が拡大してポンプとしての機能が低下し、心不全のリスクも高まってしまいます」と解説します。

 最近では、それを防ぐために、適切な時期に前述のカテーテルアブレーションを行うことが勧められています。これは太ももの血管からカテーテルを挿入、心臓の中で心房細動の原因となる乱れた電気信号を出している領域を焼くことで心房細動を根治するというものです。また、最近では脳梗塞の原因となる、心臓の血液の淀みができやすい部分にフタをして、血液をサラサラにする薬の代わりにするような新たなカテーテル治療も登場。より患者の負担の小さな治療が目指されています。

この記事は、アップルウォッチの心電図アプリ 脳梗塞のサイン発見につなげる活用術 (荒川直樹=科学ライター)を基に作成しました。
関連記事

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.